読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚のよひらちゃん☆

140字では伝えきれないもの。

過去に戻りたいお姉さまへ。

ご質問ありがとうございます、おはようございます(ΦωΦ)ノシ文字数制限されたのでブログで失礼します(笑)

これは、4人からのファンだと一度はぶつかるものなのではないかなー…と思います。わたしの話をしますね。何度も言ってるやつで耳にタコかもしれませんが、にょろろんっ。

正直にいってわたしは新規コンプレックスずーーっとありました、いや、たぶん今もある(笑)

わたしの場合ファンになったタイミングがタイミングだったというか…コンサートに入ってどかーん、とかこの番組でハマった…!とかまさかのセンテンススプリング出!とかじゃなくて、なんとなーく気分で聞いていてなんとなーくテゴマスの「Chu Chu Chu!」のコンサート演出が気になってテゴマス、NEWSの動画を漁るうちにじわじわすきになって、元々嵐が好きで、年末の歌番組の時には嵐の次にNEWSを楽しみにしている女でしたし、「青いベンチ」の宣伝時期には歌番組やチューボー、いいともなどの番組も録画してました。その頃からずっとNEWSならまっすー♡だったわたしは、あ、NEWSやっぱりいいかも、もっと知りたいかも、ファンクラブ入ろう…!

こんな心の中の決意(笑)が2011年10月5日のこと、ちょうどその日夜中にやっていた、ゆっち&ますださんのダチタビをリアルタイムでみました。プレイボーイさっくん、今でもだいすき♡♡


二日後に脱退の発表があって…なんだろう、今から追いかけよう、と思っていたわたしは事の重大さがちっともわかっていなかったんですね。ますださんを初めて生で見たテゴマスのまほうはすごく楽しくて、しあわせで、でも「さくらガール」は胸を貫いて…好きになってよかったって思いました。そこからどんどん大好きになりました。

NEWSの活動が続くか続かないか…という時期、わたしはラジオを聴いたり、4人が載ってるアイドル誌を買ったりして過ごしました。6人の8人、9人のNEWSを大好きで追いかけていた方はきっと不安定で辛い時期だったのかな…と思いますが、わたしにはその感情はどうしても産まれないんです。だって経験してないんだもん。新しく4人のことを知ることができる機会を逃したくなくて頑張って頑張って追いかけていました。

それからカウントダウンコンサートでの復活があって(残念ながらテレビで視聴)、台本無視で子猫ちゃんしちゃうゆうやさん(髪型も超カワ♡)と笑いながらゆうやさんの頭をぱしんってするけーちゃんが愛しかったし、笑ってるNEWSが見られて会いたいな…って思いました。

そのあともラジオを聴いたり、アイドル誌を買ったり、どういう経緯で出たのかわからない年始のジャニショの公式写真にひぇぇぇってなったり。めっちゃますださんがかっこいいやつ!がっつり赤髪でうるうるきゅるるんってかっこいいやつ!わかります?あ、いつもかっこいいって?そうだけど!

4人でのラジオを楽しみにしたり、謎のカウントダウン(サーバー落ちてつながらなかったなぁ…)にそわそわしたり…ずーっと楽しみしていました、新曲を、コンサートで会える日を。


そしてチャンカパーナが発売決定して、初めて聞いたときは衝撃で…いまだに衝撃だけどね、チャンカパーナ♡曲は曲とて歌詞が頭に入ってくるとワンナイトラブじゃん…!?って(笑)

ベストアルバムと投票はもうちょっと前だったからな。時系列がめちゃくちゃになってる(笑)4人がわいわいしてるけーらじを聴けるのも楽しかったし嬉しかったな。本当にファン歴浅くて浅くてずっと好きだったファンが抱えていた気持ちは全然わからないまま好きになって好きでいました。でも好きだったんです。6人でなくなってからの4人は頑張って追いかけてきたつもり。


あ、ここまで前置きです。
その辺りから出会うんです。「待っていてくれたファン」の言葉に。

美しい恋のコンサートでは待っていてくれた、ずっと支えているファンへのありがとうがたくさんつまっていて、4人が動き出せるキッカケを作ったのもNEWSを支えてきたファンの力…勿論しっかりわかっているんです、わかっているけど、感情がついていかないんですよね。


美しい恋は最初に福岡公演に入りましたが、すごく楽しくて、しあわせな時間でした。それでもついていかない感情がどうしてもあって、その時期は同じくらいにNEWSを好きになったお友だちと気持ちを分かち合っていました。集まれチャンカパーナで握手したのも忘れない思い出…ますださんのおひげの剃り跡にドキドキしたことも、咄嗟にシゲアキさんに「イケメン…!」って言って苦笑いされたことも、背の低いわたしにけーちゃんが目線合わせてくれたことも、ゆうやさんが実在する手越祐也だったことも忘れません。

「待っていてくれたファン」って当時本当によく聴いた言葉で、ふたりが抜けてからNEWSの活動を待っていた期間はそれまで追いかけていたファンの方々と同じくらいだけど、感情の重さは全く違いましたし、その言葉を聞くたびに「ここにいてもいいのかな…」って感情が沸き上がってきていたんですよね。好きになったばかりのわたしは、たくさんの思いを抱えて応援していて今、涙しているファンのひとたちと同じ場所にいていいのかな…ファンでいていいのかな…ってずーーーっとぐるぐる燻っていました。あの頃のこと思い出すとわけわかんなくなって泣いちゃうくらい(笑)(今も泣いてる)


でも、わたしにとってはあのタイミングで好きになったことが運命だったと思っているし、こうして今日までNEWSを追いかけてこられてしあわせだなって思います。もっと前から好きだったら…と思うことはわたしはほとんどないんですよね。多分あの日あの時あの場所でだったから(場所はパソコンの前だけど)(しょぼい)好きになったんだと思います。

新規コンプレックスの話をすると「あの辛い時期を経験したかったの?」って何度も言われました(笑)でも戻りたいわけじゃなくて、多分、新しく4人のNEWSを好きになったひとも大声で受け入れて欲しかったんですよね…わがままですけど。

会報でますださんが「10年応援してくれてる人はもちろん、1年であってももっと短い期間であっても、僕らのことを好きになって応援してくれているすべての人に『ありがとう』を届けたい」っていっていて、この言葉がわたしの棘を抜いてくれた。その後雑誌でゆうやさんが「今のNEWSが好き」ってそれだけでいいって言っていて(ニュアンス)…救われてわたしは今日に至るのです。あと、お友だちも「少しの間でも待ってたんだから待っていてくれたファンだよ!」っていってくれました、ありがとう♡


結論から言うとわたしは昔から応援していれば…と思ったことはほとんどないです。(あのコンサート生で見たかった…っていうのがちょっと入ります)(テゴマスのあいとか、pacificとか)支えたかった、はこれから支えていきたいに代えています。それまでを支えてきた友達がどんな気持ちだったかを聞いているから余計にかな…。

「待っていてくれたファン」に引っ掛かる方はどこかで疎外感があるのかな、ってわたしは思っていて、それはわたしがそうだったから。でもそんな気持ちも抱えて少しずつ時が解決してくれて、今楽しいです。やっぱり大好きであの日からずっと大好きでした。

以前、同じような方の質問にお答えしてました…ちょっと言葉の選び方違いますがだいたい同じようなこと言ってます(笑)この話しはじめるとながいねーー(笑)


ask 過去に嫉妬して苦しいお嬢さんからの質問。
http://yohira4444.hatenablog.com/entry/2015/08/18/104201


ファンになった時期によって色んな思いがあると思います。わたしは割と質問者さんと近い感情なのではないかな…と勝手にですが思うので気持ちが楽になったら嬉しいな。


これからもHDDを空けながら、CDを予約しながら、嬉しい悲鳴をあげてNEWSを応援していけたらなぁと思っています。一緒に応援していきましょうね♡♡

ご質問ありがとうございました!