読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚のよひらちゃん☆

140字では伝えきれないもの。

ask 過去に嫉妬して苦しいお嬢さんからの質問。

askの文字制限に引っかかったのでこちらで(笑)

 

わたしはますださんのこと、NEWSのことをその時好きになったのは「運命」だと思っています。ふたりが抜けると報道があった2日前に「応援しよう!」って決めまたという不思議なタイミングで…。だから4人になってから…ふたりが抜けてからのけーちゃんを、シゲアキさんを、ますださんを、ゆうやさんを見てきました。事の重大さはわたしにはわからなくて、6人時代、それより前から応援していた方と同じタイミングで報道を見て驚きました。応援しようってファンクラブ入ろうって思った矢先だったのに、って。まほうで初めて本物のますださんを見て(当時はJチケという便利なものがありました(笑))、もっと好きになってやっぱり応援しようと思いました。わたしはとにかくますださんが気になっていたので正直なところぴーさまやりょうちゃん、6人のNEWSにそこまでの思い入れがなかったんですね。だからそのまま4人が載る雑誌を買って動向を気にしたりどうなっていくのかな…って考えたりしていました。ふわっとしていました。

それからカウントダウンコンサートで4人で歌う姿を見てぎゅっとなって、「灰色のカナリア」でますださんのことをまた好きになって。この頃はまだ「ゴリラ!!」とか言ってなくて「まっすーかわいいかわいい♡」の時期です(笑)あ、でも毛には悶えてました。カナリアでは太ももの毛も見えたって聞いて…ハァハァ…!!(脱線)

ホームページのカウントダウンや4人のラジオ、そして迎えたベストアルバム、チャンカパーナの発売…コンサート…わたしにとってはリアルタイムで触れるNEWSの活動でした。脱退の発表からNEWSの活動を待っていた期間はさっきも言いましたがふわっとしていました。その時楽しくてNEWSが可愛くて好きで…それだけでした。

苦しさ、焦り、ずっと待ってたとかそういった気持ちは持っていなかったんですね。

そして参加した美しい恋コン…楽しかったです。きらきらしていて笑う4人が好きでした。泣く4人が愛しかった。
でもわたしの中にはずーーーっと燻っていた部分もあってそれはコンプレックスとして根付いています。ずっと応援していたファン、支え続けてくれたファンに対する「ありがとう」がいっぱい詰まったコンサートでメンバーが何度も何度も「待っててくれてありがとう」「ファンのために」って伝える姿を見る度苦しかったです。それはわたしが6人時代の事を知らず、ただ4人を好きになったからで、ずっと応援して待っていなかったわたしはここにいてもいいんだろうか…って疎外感が残ってずっともやもやしていました。

当たり前なんです、あの時のコンサートは。だってずっと待っててくれたファンに愛を伝えるコンサートだったんだから。ずっと応援して支えていたファンに感謝するのは勿論です。だって今までを支えていたファンがいたからこそ復活できた。本当に何にもおかしなところはないはずなんです。でもそこに飛び込んだわたしにとっては最近好きになったわたしたちはNEWSのファンとして必要ないのかな…ってコンプレックスを感じていた時期。これを溶かしてくれたのが会報でのますださんの『1年であってももっと短い期間であっても僕らを好きになって応援してくれているすべての人に「ありがとう」を届けたい』って言葉で…あ、この話もう何回もしてるからいいです??雑誌でのゆうやさんが「今のNEWSが好き」ってだけでいいって言っていてその言葉にも救われた。

あの頃を知っていれば、あのコンサートに入っていれば…思った事は何度もあります。これは嵐に対してもそう。
でも、NEWSは少し止まった時期があって「待っててくれたファンにありがとう」の気持ちが強く見えたからより強く感じました。でも過去に戻ることはできなくて。でもあの頃を知っていたら?あのコンサートに入っていたら?本当に好きになっていたかな?自分の生活とか、悩みとか、自分の内面のどこかに触れたから好きになったんじゃないかな?あの時じゃなきゃダメだったんじゃないかな?ってそう思うようになりました。

ここまでが運命の話(長いわ)

6人時代の記念日はきっと当時から好きだった人には大事な日であの頃思い出すキッカケなんだと思います。シゲアキさんの10000字インタビューに「あえて引きずってる」とありましたが、同じ人もいるんじゃないかな。6人が好きだった頃を忘れたくないから、思い出をそっと取り出す機会なんだと。そうでないと思い出も頭の中で捨てられてしまいますからね。年を取るにつれて思い出の数は増えます。でも、その分忘れていくものもたくさんあります。あえて引きずる機会になってるんじゃないのかな。きっと大事な時間だったはずだから。思い出すことで今の気持ちを確認したり、更新したりしてるんじゃないかな?

 

わたしも舞台「ストレンジ・フルーツ」を酷く引きずっている人間でピクニックの日になる度思い出して、ぐずぐずするめんどくさいヲタクです。舞台自体は随分前に終わったもの、でも大好きだから忘れたくなくてキッカケを見つけては掘り返すんです(笑)でもそれだって例えばNEWSコンで好きになったひとやONEからファンになったひとにとっては知らないことなんですよね。知らない事を蒸し返してまた何か言ってる…ってわたしも思われていると思いますが大事な思い出で何かにつけて思い出したいものなんです。だから6人時代の事を思い出す気持ちもそういうものかな…って考えています。わたしもフォロワさんにも6人からのファンやもっと前からのファンはたくさんいて、何かのキッカケで思い出してお話しているのを見かけます。勿論知らないことに対してのコンプレックスや知っていることに対してのやきもちだって時にはありますが、べつにその時期ファンじゃないから知る必要のないこととは思わないかな。(やっと回答すんのかい)(遅いよ)

6人時代からのファンのお友達に前述の新規コンプレックスの話をすると「あの苦しい時期を味わいたかったの?」と言われたことがありました。昔からのファンのひとはその分メンバーと一緒に感情が不安定になったり心配したり…そんな感情も持っているんだと思います。でもそれは好きだからで、好きじゃないとそうはならないですよね、きっと。

けーちゃんに、シゲアキさんに、ますださんに、ゆうやさんに…4人にはデビュー当時からNEWSでの経験がたくさんあって、ゆうやさんとますださんにはテゴマスでの経験もあって…それを抱えて今に至っている、過去が彼らを作っている…そう思うと過去を掘り返して知りたい!!とは思わないけど過去の作品や番組、話に触れてみるのもいいかなぁ…と思ってます。わたしはね。自分の知らないものを知っている人に対しての嫉妬と言うのは少なからずあるものだけど、その軸の中に彼らがいたという事実もあるのだし。

6人の頃、それ以前をほとんど知らないわたしですが、4人とも変わったと思います、今は。キャラだって、立ち位置だって、喋り方だって、女子力だって。そして仕事の内容も。それは経験の中で培ったものから作られたんだって思うから過去の経験も大事にしていきたいなぁ…とわたしは思うかな。勿論知らなかった事実に動揺することもありますが。

 

ファンになった時期によって、人それぞれ思いは違うと思います。質問者さんより後にファンになった方は質問者さんの見てきたNEWSを羨むかもしれないし、この頃好きになっていれば…って思うかもしれません。テッペンをとる未来から見たらもっともっとたくさんのひとが今現在のNEWSを見ることが出来ているわたしたちに嫉妬するかも。

わたし、以前ベッキーの本を買いまして。その中から引用するこの言葉はひばな頻出用語なのですが、今回も。

「あれはあれで必要な過去」

過去に嫌なことがあったとしてもそれはそれで必要な過去であの過去が今を作ってる…そう思うと、今の4人のルーツだと思うと少し優しくなれます。でも、過去は好きになる価値も無いものと思わなければ苦しい…ということはそれだけNEWSのこと大好きなんだと思います♡それぞれに「好き」の形があって「好き」には「苦しい」がついてくることがよくあります。好きだから苦しいんですよね。彼氏の元カノのこと聞くのしんどい感じですよね。そう思うとすごいしんどいな!!軽はずみなこといってすいません。

 

でもゆうやさんが「今のNEWSが好き」だけでいいって言っていたので今のNEWSが大好きです。大好きを更新してます。今のNEWS、きらきらで素敵ですよね♡♡♡だいすきですよね♡♡♡今のNEWS、これからのNEWSいっぱい応援していきましょうね!思い出いっぱい作って記念日の度に思い出しましょう♡好きの再確認と更新です。

 

長くなりましたがこんな感じであれこれ書かせていただきました。余談いっぱいですみません~~><ご質問ありがとうございました!