渚のよひらちゃん☆

140字では伝えきれないもの。

とんでもないたかきくんについてかんがえてみた。

さて。最後の男は増田貴久だと思ってやまなかったわたしが他の男のことをブログに書く日がやってまいりました…そう…この世に絶対なんてないんだ...。思わずタイトルもひらがなになりました。

 

 

先日JUMPアカのタグで質問を募集したところ大好きで憧れのフォロワーさんから「これは本当にとんでもないぞ、と思う髙木くんはどれですか?」と質問をいただきました。(憧れは理解から最も遠い感情だって誰かが言ってた)(余談)

 

ちょっと考えてお返事したのですが、せっかくなので、もうちょっと考えてみました。

2016年夏にふらっとたかきくんにオトされた女の意見ですのでなまあたたかくみていただけたら嬉しいです。

 

●ペットショップラブモーション

まずタイトルがとんでもない。どこのアイドル育成ゲームのキャラソンかと思う。ペトラって略称聞いて聖☆おにいさんに出てきそうだな、って思いましたが彼はペトロでした。ペトラを初めて見た時、エッ…たかきくんってこんなことするの…!?とんでもねぇぞ!?あのビジュアルでかわいいことできるなんてこいつぁとんでもねぇぞ!って動揺がすごかったのを覚えています。

 

こ…これが、ペトラ…!!(しろめ)

 

カウコンでは前髪ありだったそうで、前髪推しのわたしとしてはそちらも是非映像化を願いたかった…家宝にしますワン。

f:id:yohira4444:20170207182746j:plain

勿論前髪分けてても綺麗なお姉さんだワン♡

 

27時間テレビ「キスマイBUSAIKU」

前髪ありのビジュアルが大好きなので、27時間テレビは全体的にめちゃくちゃときめくのです!そしてこの、座り方が、なんともすきです!「電話持ってないの!?」って声を荒げちゃうリアクション花丸かわいいし、そこからお母さんに電話するのもたかきくんらしいというか…。たかきくんって家族をすごく大切にしてるひとだなぁと思っていて、それは彼女の家族に対してもなのかなぁとほっこりした次第です。え?とんでもなくない?あと、一番とんでもないのはこの時のワイプのいのおさんじゃないかと思います。なんでそんなに照れてんの。(いのたかコンビかわいじゃん…のめざめ)

 

●Mr.Flowless

MVが一万枚しか世の中に出回ってない辺りがそもそもとんでもないと思うんですけど、フローレスのたかきくんはほんと美人さん過ぎてとんでもない!宝塚の方かな?って思ってしまうような女性みのある表情をするのがたまらないです…。女優鏡似合いすぎてません?メイキングではカメラあそびしたり虫にビビったり、ギャップもがっつり収録されてるの強いのでは。深夜にひとりで見ているとイケナイ気持ちになります。(あぶない)今回コンサートは入れてないので円盤待ちなのですが、演出のお噂はかねがね…って感じで(ΦωΦ)たかきくんが楽しいならそれでい……いわけない気もする(笑)最新のドル誌で薔薇まみれのJUMPちゃんを見て現場で見てもないのにヒッ!!てなったから心中お察しします…。このあたりのたかきくんの表情がとんでもない…!

 

 

●d誌表紙

後々「本気」「美人」と言われていた10月号なのに晴れやかな海で飾った一枚。なんじゃこのとんでもない美人さんはーーー!!

f:id:yohira4444:20170208121241j:plain

前髪も目の雰囲気もとんでもない!せくしーなイメージだし大人っぽい路線で来るかと思いきや爽やかキラキラグラドル!?な仕上がりで…ファンになって間もないわたしですが、これの発売の前にファンになっていたことを神に感謝するしか…!!

この笑顔690円って安すぎない!!??

 

●J:REAL

冬のたかきくんもとんでもねぇな!!案件。海開きの日には海の家に顔を出すたかきくん、「夏だから元気」の方程式が成り立ってるたかきくん、冬にやりたいことしりとりで「家にこもる」って言うたかきくん、仕事終わりに週3~4で海に行くたかきくん、冬もとんでもないですね!!??

 

f:id:yohira4444:20170208122200j:plain

うぁぁぁぁ…!!恋したい!!

いきつけのカフェのカウンター近くに座っていつも窓際に座る彼に仄かな恋心を抱きながら、待ち合わせかな…彼女かな…ってそわそわしたい人生だった~~~!!こっちは窓際の席が見える位置に座るからカウンターが近かったりして今日はいないか、って本でも読んでたらしばらくしてカウンターの方から注文する声が聞こえてハッとしてドキッとしたいし、ふと目が合った気にもなりたい人生だった~~~!!

 

爽やかな海も似合えばしっとりした大人の色も似合うなんてこれはとんでもないぞ!

 久しぶりに出会った幼馴染がこんなにとんでもないことある!?前世でどれだけ徳を積んだらそうなるの!?

『深遠』

[名・形動]奥深くて容易に理解が及ばないこと。また、そのさま。深奥。「深遠な教理」

 

『深遠。』の言葉がこんなに似合っていいの!?

奥深くて容易に理解が及ばないたかきくんが730円って安すぎない!?

 

●とにかく声!!

歌声も話している声もとんでもなくいい声で困るのですが、わたしが一番好きなのはこどもと関わっている時の声です。まくらのまーくん、磯レンジャー、ナス…対こどものたかきくんの声ってすごく柔らかくて聞きやすいトーンだと思うんですよね。たかきくんに限らずJUMPちゃんのこどもとの関わり方はすごく興味深くていいな、と思うのでいたジャンさんには是非、苦手克服以外のこどもとのふれあいや、遊びの開発なんかをやってみてもらえたら嬉しいなぁ~と密かに。歌声もすごく好きなのですが、これはもう、生で見てから感想を言いたいのでいつかにとっておきます。

 

あんなに色っぽい声なのに「色気を出すぞ~」とか「むずかしいかんじがいっぱいあったよぉ~」とか言うし舌足らずだったりするのギャップがとんでもないです…ずるい…。

 

 

本当に好きになって日が浅いので最近のことばかりになってしまいましたがざっくり考えてみました。文章力がないので面白く無さが凄い(ΦωΦ)

 

元々たかきくんのファーストインパクトは「すごい華やかな脇毛!!♡♡」水球のテレビ誌表紙)で、JUMPはやぶさま推しだったわたしが2016年初めに借りて見た「Yes!」でたかきくんのやらしさに気づいてしまった事が始まりです。そう思うと「Yes!」完全にとんでもない。

腰振りに興味のないわたしが初めて惹かれた腰振りです。(真顔)

そこからますださんの衣装キッカケでレポ漁ってたかきくんのやらしさとかわいさにごろんごろん落ちて行ったのでした…。

 

いたジャンで見せるナスもゴーヤもゾウも降参~♡もとんでもないと思いますし、運転はとんでもかっこいいし、割といたじゃんに生かされながら現在リアルタイムで雄子ママに夢中な日々です…。

 

たかきくんのこと、やんちゃなのかな?と思っていましたが、今年の漢字を「PARTY(会)」って言い出し、リア充じゃなかったことがないと仰るやんちゃさや、お仕事体験で愚痴りまくる素直さはありつつ、ご飯を食べる時は指輪を外す礼儀正しさや綱引きの時には「あれ、女性じゃないと思う」って失礼な事言いながらも敬意を忘れない言葉の選び方だったりがとても素敵だなぁと思うので、とんでもないとは違いますが記録しておきます。こういうところが見えるとどんどん好きになる。

初心者ですが好き、の気持ちをまとめてみました。

どうぞ、どうぞ、みなさまのおすすめのとんでもないたかきくんのこともっと教えてくださいね♡

 

 

ある意味とんでもないぞ編。

●親友のネット中継をリアルタイムで視聴してLINEを送りまくる。

●女の子の欲であんまり嬉しくないものは?「『性欲』疲れそう(笑)」

●噂のニット。(噂のキッスみたいに言うな)

●サインボールに「バーカ」

●みすたーふろーれすなアレコレ。

●俺のファンは人妻だから~

 

ツッコミ気質なわたしの欲も満たしてくれて超絶好きです。

 

30歳のあなたへのラブレター

ますだたかひささん、お誕生日おめでとうございます。
30歳ですね。26歳を大人だと言っていたあなたのことを好きになったのはあなたもわたしも25歳の頃でした。
少しだけあなたの方が早いけど、同じように年を重ねてきた事はあなたを好きになるキッカケで、同じ時代を生きてきたことを嬉しく思います。


30歳には見えないと言われるしもしかしたら自分でも思ってるかもしれないけど30歳まで生きてきた経験はきっとずっと重くしっかりしていて、芯があって、優しくて、深みのあるものだと思います。ちゃんと30歳に見えるよ。男は30からだし!!自慢の勤続年数もどんどん更新していきますね。かっこいい。


わたしの中でのますださんのイメージもずっとずっと更新されています。好きになった時はまだよく知らないままにかわいいまっすーって漠然としたイメージを持っていてただただ好きだったけど、今はもっともっと濃いイメージに塗り込まれてる。


コンサート演出やダンス、歌、衣装にかける熱さやアイデア、パフォーマンス…アイドルとしての強みに加えて、テレビに出ることも増えて新しい自分を開拓していく姿を見ているとぐっと愛しくて困っちゃうくらい。

アイドルの魅力だって日々進化して、息を飲むようなダンスに優しさと力強さを響かせる歌声、研究心、浮かんだ発想や感じたインスピレーションを自分達の魅力に昇華していく力…見るたびに進化しているように感じます。もう、各地の耳鼻科の診察券もいらないんだよね。そこには葛藤も努力もたくさんあったと思います。

メンバー愛とNEWS愛に溢れた衣装はますださんの趣味が生きて作られるものでとんでもない武器だしプライベートでは髪型を変えない、1分前まで完全に衣装は着ない、拘ってアイドルますだたかひさを作って魅せてくれるところも大好きのひとつ。

衣装、デザイン集と解説が細かく欲しいくらい…これも毎年進化してて驚かされる!!頭割ってみたい…!!すごい!!毎公演コンサートの映像を見てちょっとずつ直してるんだろうなぁ…こちらは全然気づけない変化かもしれないけど、妥協しないのもすごい。月並みな言葉過ぎるけどすごい。


パフォーマンスの中でたまにこちらの好みでこっちの方が好きかなー…って部分があることもありますが、そう感じる気持ちも応援していく上で面白いです。

ここ最近現れた「何もないキャラ」は何色にでも染まれるキャラで、アイドルとしての武器や魅力をたくさんもっているまっすーを封じ込めても溢れてくる別の魅力の模索なのかな、と感じているから応援してるよ。何もないキャラより前だけどサバイバルのお仕事をしたのも挑戦のひとつかな?

既にファンになっているひとだけじゃなくてこれからファンになるひとを掴むようななにか、ね。

もうNEWSのファンになっているひとは、ますださんの魅力なんて挙げきらないくらい知っていると思うし、これからファンになればますださんの素敵なところぐんぐん見つかると思う。例えばまっすーお兄さんを見てまっさらな状態でNEWSに興味を持ったひとがあんなにガシガシ踊るの見せつけられて甘く溶けるような声で歌われて、きらっきらの笑顔振り撒かれて、ナチュラルなモテ男っぷりちらつかされて、独創的な衣装や魅せられるコンサートに行ったら…どうしたらいいかわからなくなって虜になるんじゃないかと!!(贔屓目かな!!??)

勿論それがキッカケで他のメンバーのファンになるならそれはそれでNEWSが広がっていくし、結果オーライだと思います。

スウィートにダークに変化するチョコレートみたいな平日キャスター週末アイドル
アイドルを芯にバラエティーもサッカーもなんでもやっちゃう最強に甘くてかっこかわいいパフェみたいな特攻隊長
知識と趣味と苦味とかわいさを重ねて見た目も美しいミルクレープみたいな作家先生

……魅力は幅広いですからね!!
(それぞれの担当さん怒らないで)

ますださんだってきらきらのアイドルってだけでいいなら、「何もないキャラ」なんていらなくて、知らないひとにとっては本当にただの何もないひとで、それでもありだと思うんです。でもそれじゃあ満足できないんだろうなぁ、って最近のますださんを見ていて感じます。


「現状維持」について、○○で「今を楽しんで、大切にして、周りにあるものや人への感謝を大切にしたいってこと」と言っていてその気持ちを抱えた上で「続けるためには、どんどん成長して変わっていかなきゃいけないと思うしそのための努力もすごく難しい事なのかなと思っていて。」と変わりたい自分がいることを教えてくれる。現状維持という向上心、伝わってるよーー!

「自分達の周りでどれだけの人が動いてくれてどんな作業が裏であるのかって事は絶対忘れちゃいけないなって思う」
「感謝してます。結果で恩返しします」

これも○○で言っていたことでどんな仕事も周りへの感謝をもってそのためにも結果を出したい気持ちはコンサートだけじゃなくて、どんな仕事に対してもそうなんだと思う。ますださんの言う「結果」が出る未来がきて欲しい!!くる!!きっとくる!!(貞子か)


わたしみたいないちファンが考えているのなんて本当にちっぽけで、もっともっといろんな事を考えて自己プロデュースしていくますださんがなりたい自分になっていく…そんな姿を応援したいなってわたしは思っています。

○○の連載が始まって今まで知る機会のなかったこと、以前から言っていたこと、アイドルとしてのスタンス、考え方をますださんの文字で知ることができて少しずつ想いに触れられて嬉しい。嬉しい(=゜ω゜)ノ



先日ネットがちょっと揺れた(笑)某音楽番組、20代の最後に蛍光イエローの衣装をぶっちぎるインパクトを残してくれたなぁ…と思っているのですが。

何に心が揺れたかって、今のますださんのボーダーラインの位置がぐらっとわからなくなったから。

200%守っていたものがいらないものを身に付けないことにして100%になったのがストレンジフルーツの時だとすれば今は何%なんだろう。どんなに変わっていってもその時々に守っているボーダーラインがますださんにはあると思っていて、(勿論他のメンバーにも、言ってしまえば人間誰しもあるものだと思っていますが)わたしの中であのファンサはボーダーラインのあっち側だと思っていたんです。でもそうじゃないんだ…とちょっと動揺しました。


30歳になったらわたしのボーダーライン論を揺るがすようなこともしちゃうのかな(笑)そうやってどきどきぐるぐる、あなたのことを考える時間もやっぱり好きなのよ、なんなのよもう!すき!


NEWSもテゴマスも100%、どちらにも真剣に向き合う姿がだいすきで、どちらをないがしろにしているわけでもないのだって伝わってます。


いつだってますださんのアイデアに声に言葉に表情に仕草に心揺らされてイメージと共に好きを更新して、これからもきっとそうだと思います。絶対とは言えないけど、とても強いきっと、の気持ちで。

「きっと」「だと思う」って勝手に気持ちを想像するようなことばかりでごめんなさい。あなたが大切に残してくれる余白のおかげでいろんな気持ちを想像してぐっと毎日が楽しいんです。アイドルが好きで、ますださんが好きで楽しいんです。



29歳のますださんにわたしの小さな夢をたくさん叶えてもらってもっと好きになりました。
30歳のますださんももっともっと好きにさせてくれるんだろうなぁ。


大好きな仲間と大好きな場所で最高にきらきら笑っているますださんが、わたしは大好きです。
たくさんたくさん笑って、しあわせいっぱいでありますように。



30歳のはじまり、おめでとうございます。
変わっていくますださんに今日も全力で恋して応援しています。大好きです。



ひばな





PS.そろそろ毛も見せてくれると嬉しいです。(台無し)

QUARTETTO旅行記

こんばんは!QUARTETTOがオーラスを迎えてもう少し経ってしまいましたがぽちぽち感想を落としておこうと思います。

あくまでも個人的過ぎる感想と言うか、ついでに旅行記と言うか。旅行記のくせに遠征は1か所しか行ってないけど、QUARTETTOの世界への旅行記ということでよろしくどうぞ。

 

今回は4/29福岡、5/28・29広島公演に入ることができました。バタバタで会いたい~と言ってくださった方になかなかお会いできないこともあったりして…ぜひまたの機会に…><。

 

さてさて、福岡から楽しかった思い出を零していきたいと思います。どばどば。

わたしにとっては初日!の4/29福岡、前情報も特になくドキドキわくわくの日でした。今回の相棒はまみさん。どっちが右京さんかと言われればわたしがカイトくんで、まみさんが神戸くんだと思います。(右京さんいないじゃん)(絶対相性悪いじゃん)

 

まみさんと合流してグッズを買いに並んで…今回は地元公演も行くので最低限~…と思ったのに結果すごい荷物(笑)デスヨネーー!

並んでる時に前にいたピンクの服のお嬢さんがお友達に「今回のまっすーのポスター、担当的にはどうなの?」って聞いていてどうこたえるんだろ~ってひっそり聞き耳立ててたら

 

「んー…フツー」

 

ふ、ふつうかい!!(笑)

すごいクールなテンションで「フツー」って言うもんだから思わず吹き出しそうになっちゃった。そんなやりとりが聞けたのもちょっと楽しい時間でした。

グッズを買ったら絶対ラーメン!絶対ラーメン絶対ラーーーーーメン!!!!と決めていたのでバスに乗って天神までぶーーん。

だがしかし調査不足で路頭に迷うふたり。そして見つけるラーメン屋の行列…!!

あ、列長い。やめよ。別のとこさがそ。

だがしかし(2回目)見つからない。再び路頭に迷うふたり。

結局見つけたラーメン屋の行列に並んでみたのですが、そこが有名なお店で(行列で来てるんだからそうでしょうよ)以前、嵐さんのデジタリアンのメイキングで食べていたラーメンのお店みたいで~!!結果的にラッキーー!!めっちゃおいしかった♡後から入ってきたお兄ちゃん二人組と同じくらいの量頼んでお兄ちゃんたちをはるかに置いてきぼりにするスピードで食べきって15分で店を出る女子ふたり………。

 

それからおっひさしぶりのジャニショ~♡NEWSも嵐もがさっと買ってふらふら~っとしてたら、道端でさおさんに遭遇!いや、よく気づいたよね…??ご挨拶してさおさんを見送って…そしたら。

まみさんが、コンパーカーに着替えるって、言うから…!!!!

 

コンTで街中歩くとかちょっと自意識がライジングしちゃう系のわたしはうぎゃあああってなりながら結果一緒にコンサート仕様に(ΦωΦ)

会場に着いてからはお友達に会えてうれしかったな~♡♡

のんちゃん、yukiさん、ぷにさん、なっちゃん、カナしゃん、みるきーさん、そしてぜんっぜんお互い見つけられなかったちよみさん&なるちゃん…!ありがとう~♡♡おみやげもありがとう~~♡

カナしゃんは今回もいっぱいおてて握ってくれてありがとう~♡

 

まみさんのお母様、お姉様とも合流していざ会場へ!わくわく!

 

コンサートの話…と、いうか。

まず脇毛の話するね?

ますださんパーカーでしたッ!!ゆうやさんとけーちゃんの脇毛は確認☆シゲアキさんは未確認脇毛でした…ぐすぐす。毛、有望株のふたりの毛が見られず。

 

セットリスト、なんとなーくうっっっっすら感じてはいましたがシングル曲メインの構成でしたね。でも演出が面白くて、ペンライト!色は変わらずとも点いたり消えたりが制御されるのはとても面白かったです。ますださん、前回の嵐のコンサート、コネで多ステしていたようなので(言い方)ビビッときての演出だったのかなぁとか、こっそり。単色なので派手さはないけど、点く、消える、のメリハリが面白い!シゲアキさんのソロ演出で一斉に点いたり、光る衣装ではバシッと消えたり。ペンライトの制御はすごく面白いと思っているので、今後も取り入れてくれたらまた可能性広がりそう。ますださん、照明をすごく意識しているようなので光の演出がまた面白くなりそうで期待です。光る衣装もそうだし、蛍光イエローも照明が当たってより輝いているのがいいなぁ、と思いました。衣装の話はまたあとで。

ソロはけーちゃんのが大好きで…和服…提灯…花街な空気もりもり…♡花街に遊びに来たいいとこの兄ちゃんって感じでキュンキュンきました…乳首見せるのも忘れないの。最後にばったんするのもやらしくてたまりません、でした。

ゆうやさんのソロは指輪を落とす時にふわっと笑うのも大好きで、あの空間にゆうやさんの歌声が響くのもすごいなぁ…と思いました。

シゲアキさんはもう世界観、圧巻。ペンライトがふわっと点く演出も素敵。台詞を交えたり、ジュニアが黒子に徹しての演出…すごい。

ますださんは花道歩いてきてからのソロ。やっぱりかっこいいなぁ。月並みな言葉でしか表現できないけど。今回、ダンスを重点的に見てみようと目標にしてたんだけど、結果声に囚われてしまいました。いいか。「LIS'N」だから。

 

ますたーひっつの曲フリが前の話と繋がっていると高まるわたしは繋がっていく演出が好きなのでオルゴールでの「愛言葉」からの「Theme of QUARTETTO」は非常に高まりました…!!高まる…!!(当麻紗綾っぽく)(SPEC)

「KAGUYA」→「太陽のナミダ」は傘繋がりかなぁ…と勝手に。

アンコールの手拍子→カウントダウン→「ONE」の流れもかなり好きだった…!ときめく!

パンフレットでますださんが曲順について「並びの問題より1曲1曲がどう見えるかってところが大事かなって思ってる」と言っていたのでその曲その曲が引き立つ演出がその並びだったのかなぁ、と。繋がるとより魅力的になる、ということかな。と解釈しております。

セグウェイはとにかくびっくりした!!シリウスだーー!!って思ってたらなんかぬーーって前に出てきたーー!!って。誰かこけるんじゃ…って勝手にハラハラしてた…けど、シゲアキさんセグウェイと関係ない時花道でつまづいてこけかけてた♡

 

スタトロは一向に向いてくれないけど、背中とあの頭の後ろの黒いところが好きィィィィ…!!ってなったので全然問題ない!!毎年、コンサート、舞台、いつだってますださんの背中にずっと全力で恋してるわたしはしあわせ超でしたよ!!だってわたしますださんのこと、NEWSのこと観に行ってるんだもん!!

 

去年、広島でバタフライの時リフターで歌うますださんが最高かっこよかった話を延々としてたんですが、今年もおんなじことが「ヒカリノシズク」で起きて…これも思い出。イヤモニ直したり髪ふわふわ触ったり両手でパクパクって手振ったりメンバーのパート口ずさんだり切ない顔で歌ったりにっこり笑ったり優しくて大好きなますださんで、照明の具合でシルエットだけ見えるときもかっこよかった。でれでれ。

 

隣にいたまみさんには散々去年のバタフライの話をしていたのでその気持ちを分け合えました…あぁ、好き…ますださんが好きよ…。

NEWSKOOLの時、メンバーのパート口ずさんでるますださんもすごく好きだったゾッ!

 

ゴリラ組合名誉会長としては、「NEWSニッポン」の時の楽しそうなますださんが良いゴリラでした…でれっ。サヤエンドウ踊る後姿もナイスゴリラでした…!!

 

終わってからはまみさん家族と歩きながらコンサートの余韻に浸ってコーヒードリンク飲んで福岡にバイバイしました~!楽しかったぞ~~!!

 

広島5/28

この日は地元のお友達と。まっすーお兄さんうちわを持って参加!

行きたかったカフェでランチして、グッズ買ってプラネタリウム行ってお買い物して~なんて地元楽しみながら迎えた開演時間。

今回は小山担のゆりさんとしげ担のお友達に誘って戴いて…ば、ばくすて最前…!なんじゃこりゃぁぁぁぁ…!?!?えあーまんさんが生で見えました。(そこ)

花道もすぐそばで、わーわーわーわー!ってずっとふわふわしてました…とんでもなかった…!!花道からバクステにあがる階段にますださんが座った時とかうっわーーー(まっしろ)(へぇーーここにビジューついてるんだ…!)(うっわーーー)終始テンパっておりました。

 

アリーナ公演最後の会場と言うことでなんとまぁ楽しそうで、MC明けのオルゴールの演出が始まらない始まらない(笑)

「指輪新しいの買った?」って小山さんに言うますださんを筆頭におふざけするする。ますださんもすべるすべる!(「一歩下がりま~す」って下がるの込みで推せる…)

オルゴールも不発不発…楽しかったです。

 

ますださんときめきポイント

●「チュムチュム」『その唇に触れたいよ』で小指で唇をなぞったあとクイクイッてやる(やらしい)

●「NEWSKOOL」終始ジュニアとわちゃわちゃしてる。

●「愛言葉」ペンラウェーブ後の「ありがとう」(すごく優しかった…!!)

●「ヒカリノシズク」『輝きへの一歩になる』でリフターから一歩、降りる(泣きそうに好き)

 

ゴリラ組合名誉会長としては「Touch」のダンスにゴリラみを見出していました。うほうほ(ΦωΦ)

 

夜は友達とふたりで和バルへ~。お酒飲みながらコンサート振り返るの最高楽しい~!!

 

一夜明けて5/29

この日ははるばるまみさんが広島にやってきてくれましたーー!!いぇいいぇい!!

雨の中宮島に繰り出しました!わーい!半年ぶりの宮島!(だいたい年に2回くらい行く)(夏と秋)(かき氷ともみじ狩り)

 

足元の悪い中、鳥居をバックに写真撮ったり揚げもみじ食べたりオシャレカフェでランチしたりして女子力を増して(自意識ライジングとか言ってたくせに結果コンTで観光したなど)会場に向かいました~!!

お友だちにも会えたよ!!お土産ありがとうね~!

この日はちよみさんづてで譲っていただいて入れる事になりまして…。前日会えたちよみさんのうちわがマジ宗教で慄きました(笑)加えたポップさも宗教的でした…(ほめてる)なっちゃん、かんちさん、みるきーさん…会えてうれしかった~><><

わたしが間違えて17時開演と伝えていた妹がぬるぬるとやってきてすんごい焦りましたが無事、入れました。(お前の所為じゃん)

 

さて、本日のお席は?

あらまぁ、福岡とほとんど一緒!と、いうことは!?

ますださんのリフター前再びで、ひぇぇぇぇぇってなるまみひばなも再び(笑)

この日、やーーーっと「Deperture」のスクリーン見られましたー!!ニコ動っぽくなったときいて超超楽しみにしてましたー!!「一重キターーー」に爆笑したじゃん…!

この日異常に「wonder」のゆうやさんの雄叫びにぎゅっわーーーーー!!てなったのだけどわたしっていつもちょっと遅いね…

 

オルゴールのくだりでけーちゃんの毛の話し始めるシゲアキさんからの毛を見せ合う4人にくらくらしました…しあわせ…!!

 

ますださんときめきポイント

●なんか、顔つきが超男前!!「チュムチュム」のイントロがやっばい男前!

●MCでうまいこと言った!のドヤァ!!最早「どう?」って聞いてた(笑)

●「やっぱその、なんていうの…」(なんかうまいこと言いたげにしてるときの切り出し)

●「ヒカリノシズク」今日も口ずさんだり小さく手振ったり両手伸ばしたりイヤモニ触ったりぺこってしたりしてて、最後一番下まで降りたところで唇が「ありがとうございました」って動いて深くお辞儀して…歌詞から少し遅れて一歩(今日も泣きそう)

 

広島は二日間ともますださん、Tシャツでしたがなんかもう、しあわせでした、でした、でした…(エコー)

 

ゆうやさんが「ここにいない人も…」っていつも言ってくれるの、本当にうれしいなっていつだって思うし、この日も思った。ありがとう。ありがとう。だいすき!

 

終わってからは駅前でお好み焼き(そば肉玉!)(オタフクソース!)を食べてカフェでお茶してばいばーーい!!なんとも有意義な時間でした…。駅の売店でNEWSの曲かけてて嬉しい楽しいだった♡

 

そんなカルテット旅行記。

 

 さ。衣装の話も。ファッションに詳しくもないので裾萌え女の感想ですが。

 

一番好きなのはオープニングの布の多い衣装です。コンサート終了後に考察されている方のブログを見てハッとしたのです、が!!

 

黒、青、赤、白って…四神の色だったですね~~~~!!!!

 

何か引っかかる配色だとは思っていたのですが、まさかここで四神の夢叶っているとは~!!ますださんの頭の中にその意識があったかどうか本人に聞いてみたいところですが…コンサート期間中に気づきたかった~!!(気づけや)

しかし布がひらっひらする度にわたしの裾萌えのSAGAがボルテージを上げて大変でした…ぶわっ!!てなるじゃないですか…たまらん…。てんさい…。

 

蛍光イエロー。萌え袖仕様になっているのがあざとい…(ほめてる)

まさか蛍光イエローでKAGUYA始まると思いませんでしたが、下のこしみのみたいなやつが、スカートじゃなくてこしみのなので(こしみの、って最近言う??)(キタキタおやじが着てるやつ)ひらひらするんですよね~!萌え…!!コンサートの時はインパクトが勝っていましたがWSや新聞で見るとすごく鮮やかに映えていてすごいなー!と。

 

デニム衣装。

かわいかった~!きらきらしてる…みたいなぼんやりした感想だったのですが、チューリップとかついてたみたいで…!もっとじっくり見てみればよかった~!バンダナぶらさげたりしてるのいいなぁ…。衣装にグッズと同じものを取り入れる(発想的には逆かな)って面白いなぁ…と思いました!ますださんの思惑通り嬉しかったよ。

デニムのセットアップもあるようでないようで!かっこかわいい!!

 

光る衣装。

まっしろ!?って思ったけど仕掛けはちゃんとありましたね!ブラックライト的なもので模様が浮き上がる…おおおおお!!そうきたか!こうきたか!すごい発想だな~と思います。光っている間お顔が見えないけど、だからこそ「くちづけを」のフレーズが意味を持つというか光るというか…ずるい。

 

カーキ?ブラウン?の衣装。

あの色何色~?フリンジが途中からついたと伺いましたが、フリンジ、わたしはあって大正解だと思います…!!セグウェイでターンした時にブワッと広がるのがたまらなく躍動感&存在感があるから!きんきらのアクセサリーがじゃらついてるのもアクセントになってかっこいいなぁと思います。

 

どの衣装もきっといろんなところからインスピレーションを得て作っているんだろうなぁ…と。いくつか考察ブログも読ませていただきましたが本当、頭の中割って噛み砕いて飲み込んでみたい…!!経験と興味と持ち前の発想とがコラボレーションしているんだろうなぁ。すごい。わたしはますださんの作る衣装が、ますださんの作る衣装で歌って踊るNEWSが大好き。ほんと、だいすき!!

世界中のだいすきを集めても君に届けたいおもいにたりない!!

 

 

色々抜け落ちてますがこんなわたしのカルテットの思い出でした。

次はテゴマス旅行記かな?書ければと思いますー。長々と読んでくださった方ありがとでした♡♡

過去に戻りたいお姉さまへ。

ご質問ありがとうございます、おはようございます(ΦωΦ)ノシ文字数制限されたのでブログで失礼します(笑)

これは、4人からのファンだと一度はぶつかるものなのではないかなー…と思います。わたしの話をしますね。何度も言ってるやつで耳にタコかもしれませんが、にょろろんっ。

正直にいってわたしは新規コンプレックスずーーっとありました、いや、たぶん今もある(笑)

わたしの場合ファンになったタイミングがタイミングだったというか…コンサートに入ってどかーん、とかこの番組でハマった…!とかまさかのセンテンススプリング出!とかじゃなくて、なんとなーく気分で聞いていてなんとなーくテゴマスの「Chu Chu Chu!」のコンサート演出が気になってテゴマス、NEWSの動画を漁るうちにじわじわすきになって、元々嵐が好きで、年末の歌番組の時には嵐の次にNEWSを楽しみにしている女でしたし、「青いベンチ」の宣伝時期には歌番組やチューボー、いいともなどの番組も録画してました。その頃からずっとNEWSならまっすー♡だったわたしは、あ、NEWSやっぱりいいかも、もっと知りたいかも、ファンクラブ入ろう…!

こんな心の中の決意(笑)が2011年10月5日のこと、ちょうどその日夜中にやっていた、ゆっち&ますださんのダチタビをリアルタイムでみました。プレイボーイさっくん、今でもだいすき♡♡


二日後に脱退の発表があって…なんだろう、今から追いかけよう、と思っていたわたしは事の重大さがちっともわかっていなかったんですね。ますださんを初めて生で見たテゴマスのまほうはすごく楽しくて、しあわせで、でも「さくらガール」は胸を貫いて…好きになってよかったって思いました。そこからどんどん大好きになりました。

NEWSの活動が続くか続かないか…という時期、わたしはラジオを聴いたり、4人が載ってるアイドル誌を買ったりして過ごしました。6人の8人、9人のNEWSを大好きで追いかけていた方はきっと不安定で辛い時期だったのかな…と思いますが、わたしにはその感情はどうしても産まれないんです。だって経験してないんだもん。新しく4人のことを知ることができる機会を逃したくなくて頑張って頑張って追いかけていました。

それからカウントダウンコンサートでの復活があって(残念ながらテレビで視聴)、台本無視で子猫ちゃんしちゃうゆうやさん(髪型も超カワ♡)と笑いながらゆうやさんの頭をぱしんってするけーちゃんが愛しかったし、笑ってるNEWSが見られて会いたいな…って思いました。

そのあともラジオを聴いたり、アイドル誌を買ったり、どういう経緯で出たのかわからない年始のジャニショの公式写真にひぇぇぇってなったり。めっちゃますださんがかっこいいやつ!がっつり赤髪でうるうるきゅるるんってかっこいいやつ!わかります?あ、いつもかっこいいって?そうだけど!

4人でのラジオを楽しみにしたり、謎のカウントダウン(サーバー落ちてつながらなかったなぁ…)にそわそわしたり…ずーっと楽しみしていました、新曲を、コンサートで会える日を。


そしてチャンカパーナが発売決定して、初めて聞いたときは衝撃で…いまだに衝撃だけどね、チャンカパーナ♡曲は曲とて歌詞が頭に入ってくるとワンナイトラブじゃん…!?って(笑)

ベストアルバムと投票はもうちょっと前だったからな。時系列がめちゃくちゃになってる(笑)4人がわいわいしてるけーらじを聴けるのも楽しかったし嬉しかったな。本当にファン歴浅くて浅くてずっと好きだったファンが抱えていた気持ちは全然わからないまま好きになって好きでいました。でも好きだったんです。6人でなくなってからの4人は頑張って追いかけてきたつもり。


あ、ここまで前置きです。
その辺りから出会うんです。「待っていてくれたファン」の言葉に。

美しい恋のコンサートでは待っていてくれた、ずっと支えているファンへのありがとうがたくさんつまっていて、4人が動き出せるキッカケを作ったのもNEWSを支えてきたファンの力…勿論しっかりわかっているんです、わかっているけど、感情がついていかないんですよね。


美しい恋は最初に福岡公演に入りましたが、すごく楽しくて、しあわせな時間でした。それでもついていかない感情がどうしてもあって、その時期は同じくらいにNEWSを好きになったお友だちと気持ちを分かち合っていました。集まれチャンカパーナで握手したのも忘れない思い出…ますださんのおひげの剃り跡にドキドキしたことも、咄嗟にシゲアキさんに「イケメン…!」って言って苦笑いされたことも、背の低いわたしにけーちゃんが目線合わせてくれたことも、ゆうやさんが実在する手越祐也だったことも忘れません。

「待っていてくれたファン」って当時本当によく聴いた言葉で、ふたりが抜けてからNEWSの活動を待っていた期間はそれまで追いかけていたファンの方々と同じくらいだけど、感情の重さは全く違いましたし、その言葉を聞くたびに「ここにいてもいいのかな…」って感情が沸き上がってきていたんですよね。好きになったばかりのわたしは、たくさんの思いを抱えて応援していて今、涙しているファンのひとたちと同じ場所にいていいのかな…ファンでいていいのかな…ってずーーーっとぐるぐる燻っていました。あの頃のこと思い出すとわけわかんなくなって泣いちゃうくらい(笑)(今も泣いてる)


でも、わたしにとってはあのタイミングで好きになったことが運命だったと思っているし、こうして今日までNEWSを追いかけてこられてしあわせだなって思います。もっと前から好きだったら…と思うことはわたしはほとんどないんですよね。多分あの日あの時あの場所でだったから(場所はパソコンの前だけど)(しょぼい)好きになったんだと思います。

新規コンプレックスの話をすると「あの辛い時期を経験したかったの?」って何度も言われました(笑)でも戻りたいわけじゃなくて、多分、新しく4人のNEWSを好きになったひとも大声で受け入れて欲しかったんですよね…わがままですけど。

会報でますださんが「10年応援してくれてる人はもちろん、1年であってももっと短い期間であっても、僕らのことを好きになって応援してくれているすべての人に『ありがとう』を届けたい」っていっていて、この言葉がわたしの棘を抜いてくれた。その後雑誌でゆうやさんが「今のNEWSが好き」ってそれだけでいいって言っていて(ニュアンス)…救われてわたしは今日に至るのです。あと、お友だちも「少しの間でも待ってたんだから待っていてくれたファンだよ!」っていってくれました、ありがとう♡


結論から言うとわたしは昔から応援していれば…と思ったことはほとんどないです。(あのコンサート生で見たかった…っていうのがちょっと入ります)(テゴマスのあいとか、pacificとか)支えたかった、はこれから支えていきたいに代えています。それまでを支えてきた友達がどんな気持ちだったかを聞いているから余計にかな…。

「待っていてくれたファン」に引っ掛かる方はどこかで疎外感があるのかな、ってわたしは思っていて、それはわたしがそうだったから。でもそんな気持ちも抱えて少しずつ時が解決してくれて、今楽しいです。やっぱり大好きであの日からずっと大好きでした。

以前、同じような方の質問にお答えしてました…ちょっと言葉の選び方違いますがだいたい同じようなこと言ってます(笑)この話しはじめるとながいねーー(笑)


ask 過去に嫉妬して苦しいお嬢さんからの質問。
http://yohira4444.hatenablog.com/entry/2015/08/18/104201


ファンになった時期によって色んな思いがあると思います。わたしは割と質問者さんと近い感情なのではないかな…と勝手にですが思うので気持ちが楽になったら嬉しいな。


これからもHDDを空けながら、CDを予約しながら、嬉しい悲鳴をあげてNEWSを応援していけたらなぁと思っています。一緒に応援していきましょうね♡♡

ご質問ありがとうございました!

まっすーお兄さんへのラブレター。

まっすーおにいさんへ

てれびみました。まっすーおにいさんはとってもおもしろくってもっとまっすーおにいさんのことしりたいなあ。いっぱいみたいなあとおもいました。これからもがんばってね。


まぁ、簡潔に言うとこういうことでして(笑)

まっすーお兄さん、まぁーー面白かったですね!ますださんやるぅぅぅぅ!!惚れ直しちゃうぅぅぅぅ!!♡うちわつくっちゃうぅぅぅぅ!!♡

と、こちらでは放送してないのにどうにかして見たわたしがはしゃいだのは五連休明けの憂鬱な朝でした。(休めば休むほど憂鬱になるから人間って)

職業柄こどもに関するものは割と手厳しく見てしまいがちで見るのを避けてるんですけど、お兄さん楽しみなのでやっぱり見ました(笑)「こどもが好き」と「ゾウが好き」を並列させるの面白いよ!そんなに好きじゃないでしょ(ΦωΦ)


さてさて、まず。

「股間ダイレクト」「ザ・ワッキー」「パタパタミラー」…どれも面白いなぁと思い取り入れてみようかなぁと思いました。(真面目か)そりゃ、そうだ、専門家が考えてるんだから。ワッキーのはちょっと、ちょっとわたしも顔面のポテンシャル足りなかった…もうちょっと増して面白フェイスなら……(もうワッキーの才能である)

その後、めちゃくちゃ股間ダイレクトした(ΦωΦ)

(仕事で)(そもそもよくしてる)

ますださんの股間ダイレクト、お腹だよね。髪をつかんでる赤ちゃんのおててかわいいからわたしにください。(おまわりさん、ここです)

と、まぁそれはそれとて。

まっすーお兄さん楽しみにしてた、してたの!!

結論ね、面白かった!やっぱり深夜のバカなことやってる番組だからバカになってるのが最高だなって思いました。

原色似合ってるし、まるい感じも…こども向けのキャラクターがますださんに合ってて顔の表情動かすのもかわいかった…くやしい…かわいい…。

歌詞もね、初回の「です。」を活用してマイナス要素を並べてからの、「みんな、僕のこともっと見て」っていいとこ並べるのかわいいし、言葉のチョイスもいいなー、面白いなーって。

「個性ない」「目立たない」「影薄い」「虫苦手」「神経質」「潔癖症

「餃子好き」「癒し系」「視力いい」「足速い」「片エクボ」「おしゃれ好き」

もう最初に完全に激しく自虐して抉り切っちゃってるけど、いいところは控え目なんだよね。でも「癒し系」って自分で言うんだ…(笑)って面白かった。大丈夫ですよ、あなた、街中で目立ってると思います。(特に頭が)

歌い方もこども向けっていうかかわいいっていうか…聞き取りやすい。多分、あの場で泣き止んでるこどもたちは映像となんだか流れてる音に興味を惹かれるんだと思うけど、これ、何回も観てたらこども歌えるようになると思う(笑)で、まっすーお兄さんの顔、覚えると思う。\まっすー/めちゃくちゃ楽しそうなのでわたしもやりたいです。コンサートのMCで「ぷにぷにしてる~?」ばりにやって欲しい…。

個人的にEテレでのお仕事いいなーと思ってるので香川照之さんのカマキリ先生と一緒に出よう(ΦωΦ)

と、期待していた分バッチリ面白かったです!



色んな意見があるのかなぁ、と思いますけど、わたしは大好きだったな。

ますださんって外側から見たらにこにこしてておうたが上手なんだっけ?かわいいよね?みたいなふわっとしたイメージだと思うんだけど、他の3人が割と確立した個性持ってるからファンじゃない方からの印象や特徴がどうしても薄い気がして、多分それは本人もわかってるんじゃないかなって思うんだけど、(だからこそのあの歌詞なのかと…)まっすーおにいさんはあれで面白かったなぁ、と。ラジオでもまっすーお兄さんの感想など、って言っていたので前向きなのかなー♡ますださん、自分がやったことへの評価、反応気にしがちな気がする♡

初回のアンケートからキャラがない、を活かして歌詞に盛り込んでこども向けの映像を作りつつ大人の笑いを誘う方向なわけだし、キャラクターとして面白くて幅広がっていいなーとわたしは思いました。


ファンはね?知ってるじゃないですか、ますださんがどういうひとか。

かっこよくてかわいくておうただってダンスだって人を惹き付けるもの持ってて、優しいのもNEWSを魅せることに妥協しないのも、自己プロデュースしてるのも知っていて、大好きじゃないですか。゚(⊃ω⊂)゚。わたしも大好きです。゚(⊃ω⊂)゚。毛のポテンシャルが高くて最近確実に毛を意識しているところも前髪のうぶ毛フェチというマニアックなとこも大好きです!

でも世間的にはきっと「知らない」んだと思うからその「知らない」人が夜中に何気なくみてた番組に変なやつがいてははバカだなーwwwって興味もったらそれは成功なんだと思うな。ここから色んな可能性が広がって欲しいし、NEWSを「知らない」人に知られていくキッカケになったらいいなぁって思っています。わたしはね。 

気になって知っていったらいいところいーーーっぱい見つかって好きになっていくんだからまっすーお兄さん出のファン!に!わたしは!!会いたい!!

変ラボ出の!!ファンに!!わたしは会いたい!!


も、もしかしたら今はファンしか見てないかもしれませんが…これからもっと色んなひとが目にする番組になったらいいなぁ。放送地域が広がってゆくゆくは神に……間違えた。

全国で放送されますように! 



ままー。おてがみかいてみたけどまっすーおにいさんにまたあえるかなあ?

(そうね、きっとまた会えるわよ)

たのしみだね!こんどあったらだいすきっていうんだ♡

(あらあら、パパがやきもちやいちゃうわね)

さいごにおなまえかくね。

ひばな



PS.

見つかったらほんと目も当てられないけど!!なんだこの最後の茶番!!

とにかくまっすーお兄さんを見た今の気持ちをしたためたかったので、感情のままにブログ書いてみました。まっすーお兄さんのうちわつくるぞー!♡♡

サバイバーさんへのラブレター。

拝啓 貴久さん
先日、貴方の出演していらした全世界極限サバイバルを拝見いたしました。

……まどろっこしいのでやめます(ΦωΦ)

見ました、サバイバル。リアルタイムで。ますださんの頑張りを確認する度にお友だちにスタンプを飛ばして生存確認しあいながら(笑)

始まる前から心臓が痛くてこんなんで見届けられるのかと不安でしたが、ちゃんと見たよ、受け止めたよ。
そんなサバイバルの感想をぽろぽろ溢していきたいと思います。まってね、前置きがまず長いから。支離滅裂で言ってる事違くない?ってこともあるかと思いますが感情の動きやすい人間なので…書きながら整理していると思ってください。


まだサバンナに行ってきたことを知る前、歌番組での顔のスマートさに驚き、食糧難にでもあったのかと冗談めいて言ったのですが、まさか本当に食糧難にあっていたとは…。いつもはあまり先のことを仄めかさないますださんが、今回はどこか違っていて、発表前に雑誌で「明日から仕事で旅に出ます」と言っていてなんのお仕事だろうとドキドキしたのももう1ヶ月以上前の話でしょうか。KちゃんNEWSでけーちゃんも「まっすーがあるところにおでかけしてる」って言っていましたね。けーちゃんは期待を込めて言ってくれたんだろうな…と思いながらも困惑と驚きとドキドキが押し寄せてそれがサバイバルだったとわかった時わたしは最初正直怖かったです。

わたしが好きになったのは紛れもないアイドルのまっすーで、もしかしてますださんはどんどん変わっていってしまうんじゃないかって。心が追い付けないところまでいってしまうんじゃないかって。
わたしが好きになったのは年齢的にそろそろ解放してもいい話題にも口を噤んでしまう作り上げられたまっすーだったから。
でもこれまでもわたしは意外とちゃんとますださんのことが好きでした。

この4年で少しずつ変わっていくますださんを見てきて、結局どんなますださんも好きなんだってその時その時思っていました。これは前回の記事でお話ししたような気持ちです。

それにしてもサバイバルはわたしにとって悩ましかったのです。ただ嬉しくもありました。ゆうやさんがバラエティで虫を食べたり、墨を被ったりしているのを見る度にますださんもあぁいうのやればいいのに。と思う気持ちがあって、全身タイツはすごく嬉しかった!挑戦だな!って。自意識と戦ってはいましたが、幅が広がったかな、って。

でもそんなのちっぽけだったってサバイバル番組に出ることを知って思いました。わたしの思っていた「こんなの挑戦してほしい!」なんてあまりにもちっぽけだった。それに挑んだますださんのことをかっこいいと惚れ直した気持ちもあるのです。彼のやりたい!の範囲はわたしが思っているよりももっともっとずっと広い海を見据えている。


ますださんってわたしには身動きがとれないひとに見えていました。自分が作ったアイドルまっすーがファンによって高いところに納められ、崇められ、そこから降りられなくなっているように見えました。見渡す先には海がに広がっていて足をつけてみたいのに泳いでみたいのにたくさんのファンを裏切って(と言うと言葉は悪いですが)降りる勇気がないようにも見えました。でも少しずつ少しずつ「ここから降りてもいい?」と確認しながら降りてきているのも感じます。ストフルのときも「嫌いにならないでね」と石橋を叩いて降りていました。少しずつ低いところに、わたしたちに近づいてきているなぁって。


サバイバルに関して前向きな言葉が多いのもその一部かな。きっとしんどかっただろうし、辛くて、体も重くて、お風呂も入れない、虫もいれば危険な生物もいる…嫌なこともたくさんあったと思います。それでも彼から出るのは前向きな言葉が多くて。
話を聞いたときに「やった」「僕でいいんだ?」と受けとめて「楽しみ」「スゴイ楽しかった」「人生で一番大きな経験だったかも」と前向きな言葉ばかりが並びます。象のフンを蒸留して飲んだ、という話をした上でもそうやって言うんだもん。本音はどうであれ増田貴久がそのように思ったと伝えたいならわたしはそれでいいです。本音は違ってもジャニーズのアイドル、NEWS増田貴久がそのように言うならわたしはそれを信じてしまうしその考え方に愛しさを感じてしまうのです。「ここから降りてもいい?」と今回は今まで一番大きく気にしていたのではないかな?
前向きな言葉で大きな経験だったと、ラジオで「ジャニーズのまっすーを好きでいてくれたひとがヒく可能性あるよ」と、当日の朝もメールでのお知らせがきて、ファンにも前向きに見て欲しい、受け入れて欲しいという気持ちが伝わってきました。

話は少し戻りますが、象のフンを蒸留して飲んだ話。わたしはこの話を見たとき全身からますださんへの好きの気持ちが溢れ出すのを感じて自分で驚きました。

ますださんじゃなくてもそこまでしたの!?頑張ったんだね!?となると思いますが、それがますださんだったのだから余計です。色んな思いからわたし、まだまだこんなにますださんへの好きの気持ちが大きくなるんだって驚いたくらい好きで好きでどうしようもなくて、抱えきれなくて友達みんなに好きすぎるどうしようとLINEを送ってひとりでぷるぷる震えていました(笑)その日の仕事の身の軽いこと軽いこと…好きって気持ちはこんなにパワーがあるのかと恋をしているみたいでした。(恋してますけどねっ)

そこからはサバイバルの話を聞くたび変わろうとする、まっすーから脱皮する彼にぎゅっと心を掴まれていました。
ラジオで本人の声で聴ける感想も嬉しかったしその姿を見られることが楽しみと思えた要因の一つです。本人の声で楽しかった、全部よかったなんて柔らかな声で言われると安心しました。発表されたときには「全然心配はしてないんだよね。無事帰ってきて元気に笑ってるってことでひとつ安心してるし、なんといってもお仕事だし。放送見ながらドキドキハラハラするだろうけどますださんの"たのしみ""やりたい"が現実になっていることが嬉しい気持ちが勝っているのかな。これからも、もっともっと。」なんて聞こえのいいツイートをしたけどどこか不安だったんです、きっと。無事に帰ってきている姿を見て心配はしていないけれどどこかで不安だった。でもちゃんと溶かしてくれるんですよね、優しい声で。

不安だったのはきっと、何よりもボーダーラインの位置が変わってしまうことを恐れていたからだと思います。どんどん見せる部分が、魅せる部分が増えてきて守ってきた200%が100%になって、それも今では更にパーセンテージが低くなったと思います。でも不安になっても新しいますださんを見る度、やっぱり好きだ、って気持ちが大きくなるばかりで…前回の記事を書くに至りました(笑)




そろそろ本編の感想を。余談と前置きが長くてすいません。


ヘリから降りてきた時から既におひげが浮かんでいて毛のポテンシャル高いな…なんてハラハラドキドキ心臓を喉から出しそうになりながらも毛フェチのSAGAが抑えきれない悲しいわたしですが、般若のような顔で画面を見つめていました。
後から事前番組も確認したんですがスタート地点に向かう車の中で「楽しみより不安の方が越えてるかもしんないなー」と普通に考えて当たり前のことを言っていて…だって、サバンナ!テレビで見ていたって獰猛な肉食動物、野性の本能を持った草食動物がひしめくサバンナは恐ろしいと思うけど、まず「楽しみ」という感覚から入っている時点ですごいな!?と思います。

最初は意気揚々とテンション高くてひとつひとつの発見への反応も新鮮だったけれど段々と苛立ちも見え始めるしアカシアは刺さるし、フンはつくし、ハイエナいるし。少しずつ夜に向かって憔悴していく姿は1日目から不安になりました。眠る時だって安全じゃないんだから。何も食べてもいないんだから。

一日夜まで歩き続ける中で「景色が変わらないから歩いても距離の実感がない」と本人が言っていましたがこうやって広い草原を歩くと無限に感じてしまうんじゃないかと先の見えない草原にゾッとした。景色の変わる日常だってずっと歩いていたら嫌気がさしてしまうのに。テレビに映る姿はほんの一瞬でその間にも色んなことがあったんだと思います。トイレだってはみがきだってどうしてたんだろうって思います。(食べてなくてもトイレって必要なのかな)(アイドルだから出ませんとかそういうの今回はナシで)(これ本人に聞いたらトイレ行かない説サラッとぶった切りそうな気がする)やっと、川が見えてカバの隙を見ながら泥まみれの川を渡って……テレビだとはわかっていながら、無事に帰ってきているのを知っていながらこんなにもドキドキハラハラしてしまう。

ゾウのフンが付き物のますださんのサバイバル。苛立ちの火起こしも今まで公にはあまり見せてきていない姿なのではないかな、と思いました。ゾウのフンを素手で掴んで、点かない火に苛立って、「蚊でもダメです」と言っていた虫を手で払って…そういう姿は見せてきたことがなかっただろうな。そんな姿を公に出したことも今回の挑戦で変わったことだと思います。砕けた荒い口調、苛ついた姿、舌打ち、不機嫌な表情…そんなまっすーを今まではっきりと出してきたことはなかったんじゃないかな。(たまに零れ出るけど)(そしてわたしのような女に名前をつけて保存されてちょこちょこ話題に出されるけど)極限の環境で見られる彼の姿にはかっこいいとしか思えなくて当たり前に受け入れていました。増田貴久が見えた気がして嬉しくもありました。

でも、その後!キャットフィッシュ見つけて苦手だった魚を掴んで笑ってるの。かぶりついて「うまい」って笑ってるの。あーーーーーー溢れ出る好きの感情が抑えられなかったです。笑った顔はやっぱりわたしが、ファンが見てきた笑顔なんだもん。魚を焼く姿や眠り方もどこか"まっすー"で変わっても変わらないんだって何度も思わせてくれました。(意識していたのかな?していてもいなくても嬉しかったです)

夜が明けて歩き続けて、水がなくなって4時間。4時間!?少量の水で歩き続けて水がなくなって4時間の午後3時…この番組自体が4時間に編集されているからあっという間に感じるけれど何もない環境で水もなく4時間って莫大な時間。

覚悟していた水を飲む時がやってきて願うような気持ちで見ていました。蒸留したって色も変わらなくて「まずいはっぱの…つち」と表現していましたがきっともっと酷い味がしたんだろうな…って。あの極限の状況で躊躇ったのは自分の中での葛藤かもしれない、でも「ファンは…」という気持ちももしかしたら本当にあってくれたのかもしれない。そこの本心はわからないですがわたしは水分を取ってくれてよかった…って心底安心しました。高い気温、体力も落ちている中、水分もなくなったら…テレビとはいえゾッとします。


その後まもなく川が出てきてここ一番泣いたのですが。(そこ?)
ゾウのフンを飲む前はその先に川があるなんて思わない。もしかしたらその先に出会える水がないかもしれない…そのことを考えたら川があった事への安心感がすごくて真水を飲んでるますださんを見て生きててよかったーーーってぼろぼろ泣きました。ゾウのフンを飲んででも生きて川の水が飲めていることがもうたまらなかったなぁ…ゾウのフンはそのうちハーブティーとしてますださんから排泄され…(黙ります)
渓谷でバブーンに出会って急いで渓谷を抜けること5時間…5時間!?急いで抜けて5時間!?渓谷を抜けた時のますださんの笑顔がまた、大好きな笑顔でぎゅうっと胸が掴まれる思いでした。好きすぎてアイコンにしました。(余談)


それからしばらく。40時間以上何も食べず歩き続けてスタッフの問いかけにも答えないますださんはどういう心境だったんだろう。もう気力もなかったのか、苛立ちもあったのか。座り込んで「もう歩けないな」と呟いても「いや、やります」と先を見る姿はとても胸にくるものがありました。負けるが勝ちはあっても負けてもいいはないと以前言っていましたが、この場合相手は誰でもない自分なのかな。自分との極限の中の闘い。色んなものを捨てて背負ってる闘い。

そして、真夜中の崖に阻まれながらもなんとか辿り着いたゴール。
大きくかかった虹はまるで運命かのように思いました。「着いた」「やったー」と零す声はどこか覇気がないけれどそれは体力と精神力を削って真剣に挑んできたからだと思いますし、顔つきも涙も虹の広がる景色も格好よく美しくアイドルらしくゴールした姿に見え成し遂げた姿に震えました。


サバイバルを見終えてやっぱり残ったのはこのひとが好きだ、という感情でそれはもっと膨らむばかりで。


まだ情報が出る前、歌番組でシュッッッとしたますださんがきらきらした表情で歌って踊るのを見てやっぱりアイドルっていいな、大好きだな!って感じました。サバンナでのサバイバルがあったなんて思っていなかった頃ね。サバイバルに行っていたと知った後に見ると何とも言えない気持ちがあって、わたしは何を悩んでいたんだろうって。どんなに過酷な状況下に置かれたサバイバルの後だってますださんはちゃんときらきらにアイドルしてる。変わっても変わらない姿のますださんがそこにいるんだって思ったらやっぱり何とも言えず好きでした。サバイバル後のKちゃんNEWSで脇毛が薄いとかアイドルぶりっこしていて、そこも変わらないんだなって笑った記憶。でも草原に座り込んだ時に生存が確認された脇毛にはちゃんと男らしさを感じました。(毛フェチのSAGA)


【たいして必要のない追記】
サバイバルを経てうまく飲み込めなくてずっと見返せていなかったFNS歌謡祭を今日何の気なしに見返しました。遊びに来ていた友達が見たいというので歌番組をいくつか見ていたひとつがFNS歌謡祭で意識せず改めて「ヒカリノシズク」を見ました。

放送当日のわたしはシゲアキさんの頑張りがグループに還元されて掴んできた曲「ヒカリノシズク」を受け止めるのが難しくて、4人になってからシゲアキさんが頑張っていた姿を見てきたはずなのにどうにも素直に喜べない嫌なやつでした…この話は以前askでしたので貼っておきますね。びくびく。

https://ask.fm/hort8211/answers/134464728779#_=_

サバイバルを見終わってから見るとなんだかますださんが逞しく見えて(単純ですね)結果がすべてな世界ですが、色々乗り越えて頑張ってきた事実、前へ進んでいるますださんのこと、今、目の前のことを精一杯頑張って成長している姿はちゃんと届いていて、それだってひとつの結果なんだって思いました。この件で気持ちが落ちていた時に友達に「サバイバルに出たってことが結果だよ!」と言葉をもらったこともあり目の前の仕事を頑張っている結果はいつだってちゃんと出ている。無駄な仕事なんてひとつもない、と信じていた自分に戻れました。

そんな気持ちになるとシゲアキさんの曲ができたことが素直に嬉しいと思えてシゲアキさんの頑張りが輝いている「ヒカリノシズク」がグッと好きになりました。NEWSがもっともっと好きになりました。ますださんのこと、もっともっと好きにもなった。(底なしですね)(笑うところ)


「変わっていくことをなぜ僕らはおそれるのかな 変わらないものを笑うくせに」
嵐の「できるだけ」という曲の歌詞です。ずっと、ここ最近のわたしの頭の中に流れている曲なのですが、変わっても変わらないものもあるんだって心をまた鷲掴みにされた気持ちです。


変わっていく姿を変わっていくままに、それでも変わらないのは貴方の大切にしているアイドル像の成せるものかな?どんなますださんでもやっぱり好きだよ。
これからもきっとますださんは私たちファンの事を気にかけてくれると思うけど、貴方が思う以上にファンは貴方のことが好きだと思うし受け入れたいと思っているんじゃないかと思います(笑)


変わっても変わらない貴方の事をずっとお慕いしております。


ひばな


PS.変わっても変わらない貴方の事大好きですけど、変ラボの予告で心臓が割れそうで心の準備がひとっつも出来ないのでこの複雑な乙女心をどうか許してくださいね!!(逆に変ラボの方が見たかった姿でサバイバルは目を反らしたい乙女心をお持ちの方もいるんだろうなぁ)(それぞれの愛の形ですね♡)

結局のところラブレター。

「ジャニーズのまっすーを好きでいてくれた人が引く可能性あるよ。」

「まぁ、綱引きだよね。」

 

2015年最後のKちゃんNEWSでのますださんのこの発言から色んな感情がぶわーーっと溢れ出してきたので書き留めます。わたしの感じてきたものですので間違いも偏りも多分にあると思ってください。

 

わたしが好きになったのは"ジャニーズのまっすー"でNEWSが4人で再始動した美しい恋の頃のますださんって所謂ジャニーズのまっすーに見えていました。けーちゃんの「打ち合わせの時のまっすー超かっこいいよ」という言葉には普段とのギャップが含まれていたと思うし(これ、もっと後の発言だっけ…)、あの頃のけーちゃんはまっすーのことかわいいかわいいって言っていて「まっすーは乳首とか言っちゃダメ!」とアイドルキャラを守ろうとしていて。そのままに、ますださんって"まっすー"だなぁって思っていました。アイドルとしての自分を確立させて作っている"まっすー"というキャラクターといったイメージ。そのキャラクターが本人と交わる時がすごく好きでした。秩父宮での涙は映像でしか見られていないけれどたまらなかった。軌跡の「泣かないでチャンカパーナ越えられたらうれしい」って台詞好きなんです。思いが詰まっていて飾らない感情が出ているようで好き。わたしがそう感じるだけですが(笑)

 

あの頃のますださんって、4人で進んでいくことに対してどう思っていたんだろう…という疑問がずっとありました。ますださんにとってNEWSは「フィールド」と雑誌で言っていて、彼にとってNEWSは歌って踊ってアイドルする場所なんだって感じました。他のメンバーは「家族」とか「家」とか言う中での言葉にそういう位置づけなんだなって感じて、その時余計にどう感じているんだろうって思ったかな。どういう意志で、思いが強くて前を向いているのか、その答えは10000字がくれました。以下、今更ですが10000字の感想も交えて。

 

「僕が最初に思ったのは、これまでNEWSが作ってきた楽曲を残していけるだろうかってことだったかな。過去を壊してしまうんじゃないか、残せないんじゃないかって怖さがあって。」

「だから、いろんな人に頭を下げに行って、これからも歌えるようにお願いして」

6 人時代のNEWSがすごく好きだというのは、楽曲を大切にしているというのは普段のテキストからも感じていましたが、これからも歌えるように自分から動いたというのはぎゅっとなりました。彼にそんな気持ちがないと思っていたわけではなくて、それが明確にわかったからぎゅっとなって。水面下で起こっている事はファンが「きっとこう!」なんて決めつけても正解なんて見つからないから、そういう姿を言葉にしてくれたことに掴まれた。

 

「やっぱり4人で歌い継ぐことだって確信はあって」

残したい歌、届けたい歌…その確信を使命のように思って前を向いてきたのかな。その方法について模索したことが伝わって、ますださんが何を強く感じて突き進んできたのか、の答えをここでもらえました。

 

「何を持ってNEWSとテゴマスを分けるのか。NEWSだって本気で歌をやってたし、テゴマスだって本気でパフォーマンスをするし、全力でアイドルだし。線引きが難しいなって」

「だから4人でNEWSを続ける意味を見つけなければいけなかった、というか、少なくとも僕の中では、"だから続けるんです"って胸を張れる明確な理由が必要だった」

 

NEWS とテゴマス、4人になったことで線引きが難しくなって明確な理由が必要になった。ますださんは、とにかくやってみよう!ってタイプじゃないなぁ、というのは10000字を通してもあちこちで感じましたが、チャンカパーナの時も。納得がいくまで時間をかけても試行錯誤して。根拠と自信があって、だからこそこうする!というのがハッキリしているひとだな、と。逆に根拠と自信がないと踏み出せないのかな…とも思ったし、それを増田貴久としての責任だと思っているのかもとも感じました。

 

「前だけ向いて、全力で走ってきた4人に"いろいろあったけど、それを乗り越えてがんばってます"みたいな物語、まったくいらないんですよ」

 

わたしはこの言葉が何とも言えなく好きで。それぞれの熱量が変わらなかったとしても人数が減ったということは、目に見えて色んな感情に苛まれて、耐えて、苦労しているように映る。多分、そう見えるんだと思います。事実そうかもしれなくても、そうでなくても。本人たちの意志とは別だとしても。魅せたい姿ではないとしても。でも、そう見えることは本人たちにとってどうなんだろう…と密かに疑問で燻っていました。だからますださんが悲劇的に見せたくない(ちょっとまとめ方が悪いな…ニュアンスを汲み取っていただけると幸いです)と思っていたことがわたしには嬉しかったです。

本人たちの意志に関係なく結果的にドラマチックになったのが美恋コンかな…と思っています。

 

そんな思いがあったとわかることが出来たのは随分後で、あの時のますださんはわたしにとっては"まっすー"でした。笑顔が似合って、優しくて、柔らかくて…そんなスーパーアイドルまっすー。いや、今だってそうだけど(笑)

 

そうそう、その前に「灰色のカナリア」がありましたね!カナリアの時にベッドシーンがあると聞いてヒェッてなってた割に蓋を開けたらまぁーーヘタレちゃんでまっすーだなぁーって思ったのを覚えています。そうそう、その時もまっすーのキャラクターに合うキャラクターだなって思ったの(笑)藤井くんと桜子さんのプライベートの関係が気になりすぎてドキドキしてたな。(余談)あの時は太ももの毛が見えt……(もっと余談)(その年のツアーでは脇の毛がなくなりましたけどね!)

 

それから、ストレンジフルーツに出会いました。もううるっさいほど言ってますがストフル狂気的に好きなんです。話し始めたらのめりこむからそっとしてる(笑)たまに同じくストフルに狂った友達と懐古してる(笑)もうすぐピクニックの日だからそわそわしてます。

ストフル前に載った雑誌で「僕のこと、嫌いにならないでね」と言っていましたがあの頃からわたしの中でますださんの印象が変わりました。魅せてくれる部分が増えたことで、新しいイメージになったというか。「冷酷」な千葉はそもそも冷酷な人ではなくて優しくて、一途で、普通の男だった…演じる上でプライベートで役が抜けなかったり「花に想いを」のレコーディングの時に上手くいかなかったりというエピソードもあって。今まで見せてこなかった姿で挑戦だったんだと思います。周りからどうみられるか、ファンからどう見られるかをすごく気にしているように見えるから千葉を演じることでファンに嫌われたり、求められているものから外れたりマイナスの評価を受けることを気にしていたのかな。結果、受け入れるひと、寧ろ新しい魅力ととらえる人が多くてその頃から雰囲気が変わったなぁって思います。わ、わたしはね?

 

フレンドの時に雑誌でストフルの時に「今までは守り過ぎてて200%だったのが、普通の100%ぐらいになったと思う(笑)」「でも、守ることだけがいいわけじゃないのかもって気付いて。今は守るというより、いらないものは身に付けないって感じかな」と言っていて。こうでなきゃいけないっていうのがなくなったとも言っていたかな。それでも自分で取捨選択してラインを引いているところがとっても好きです。きっと誰しもそうなんだと思います。見せる部分、見せない部分の間にボーダーラインを引いていてその位置がそれぞれに違うだけ。ますださんは見せない部分が多め、なんですよね。だから真意が謎…と言いますか。そこにプロ意識の高さを見出す人もいるのかもしれませんね。

 

ますださんについて好きな話をするともいっこ。座右の銘井の中の蛙 大海を知らず」。「自分が井の中の蛙だと知ることが大事」と以前雑誌で言っていましたが、周りからどう見られているか、ファンからどう見られているかを気にするということは自意識もそうですが客観的に見ようとする意識も強いのかな、と思いました。ある意味自信がないのかな…?とも取れるのですが。10000字での明確な理由の話にも繋がるかな?

ますださんが人の目を気にしている、自分がプロデュースしたものに関しては特に、とLIFE OF NEWSを見てるとすごく思うんです。ミニ四駆の企画の時みんなが楽しんでいるか気にしていたり、けーちゃんがミニ四駆を通ってないのを気にかけていたり…様子を見てるのが伝わって来てこういうひとなんだなぁーってすごく感じました。その時まではっきり思わなかった自分が鈍感なのかもしれませんが(笑)

 

何が言いたいのかわからなくなってきて、本題前に飽きてきそうなのでこのくらいで思い出話は置いといて(ΦωΦ)

 

NEWSにはキャスターがいて、サッカーMCがいて、小説家がいて…それぞれが芽を出して咲いていく中でますださん自身色々考えてるんじゃないかなって思います。いっぷくだって未来ロケットだって水曜歌謡祭だって全力で取り組んでいたはずだし。先日レタスクラブで言っていた「今できることを精一杯頑張って成長しないと次はない」という意識でずっといていてこれからもいるんだろうな、と感じています。NEWSの増田貴久として、の考え方や今まで断った仕事はないという言葉からひとつひとつの仕事を大切にしていることは伝わっているし、いつかきっと!パズルのピースみたいにはまっていく仕事があって、グループに還元する機会がくる!という気持ちで応援しています。ミーナのセルフスタイリングの連載はぴったりはまっているひとつかな。洋服好きがコンサートやMVの衣装デザインというグループで魅せるものに繋がっているのも嬉しいことです。ますださんのメンバーのことこんな風に見えてる、こんな風にしたらかっこいい、とメンバーのこと、NEWSのことを考えた愛溢れる衣装が大好きです。これはますださんだからできることで最高の愛情表現にわたしは見えます。これからまた目に見えるものが見つかると嬉しいな。そう思って応援しています。

 

サバンナでのサバイバル。

この話がしたくて今までのは前置きだったのですが、冒頭の「ジャニーズのまっすーを好きでいてくれたひとがひく可能性あるよ。」。

今までのまっすーはジャニーズとしてのまっすーのイメージを貫いてるんだな、言葉にしても取捨選択して(雑誌は特に。コンサートではたまに「!?」ってこと言う)(そしてわたしみたいな人間に根に持たれる(笑))るんだなってわかったことがまずときめきポイントなのですがぎゅわっっ!!

サバイバルの仕事の話を受けて、内容を知っていながら「やった!」「僕でいいんだ」という感想をまず抱いて「迷惑をかけるかも」と思いながらも仕事を受けて「仕事で旅に出るので楽しみ」なんて旅立って。そんな仕事に対しての前向きさが好きで好きで好きで!ますださんって必要とされると本当にうれしいひとなんだと思います。みんなそうだと思うけど、前にキスマイにちょっと居た話を思い出してもそうだし…必要とされると期待以上の結果を出したい人なんだろうな、って。負けるが勝ちはあっても負けてもいいはない負けず嫌いだし。ゆうやさんには負けるけど(笑)

 

変化することに対しての周りの評価を気にして動けなくなっているなら、いろんなことをしてみてほしいなぁってわたしは思います。やってみないとわからないから。かわいいまっすーが好きなひとも髭とかありえない!脇毛も剃って!みたいなひともいると思いますしわたしもちょっと混乱してますけど、ゾウのフンの話でそんなに頑張ってるますださんのことやっぱり好きじゃん!ってなって、結果好きだからもうついて行くし!!ってなってます(笑)自分の好きな姿と違うものを受け入れにくいというか…自分のやってほしい!と本人のやりたい!が一致しなくてしっくりこない気持ちになることもあります。例えば、ソロとか。わたしはますださんの4人になってからのソロ曲はあんまり好みの曲がなくて(完全に好みの問題)こういうのやって欲しいなぁ~って気持ちが先に出てしまったりしますが、ますださんのやりたい!魅せたい!の方向は今、これなんだなぁって知ることが出来るのは嬉しいなって思います。やってほしい!とやりたい!が合致した時に最高にしあわせなんだろうな~みたいなことも思いながら。わたしは結構好みの主張が激しいので、ますださんがやるものすべて好き!>///<って方が羨ましいなぁと思うこともしばしばです(笑)内緒ですよ。

 

男前な笑顔が好きですが、優しい歌声や表情も大好きで特にテゴマスの時はそういった姿をたくさんみることが出来るので恋に近い感情を抱きます。いや、恋です。ずっと全力で恋してるから(ΦωΦ)テゴマスもNEWSもどっちも100%と言ったポポロのロングインタビューを信じていますし、テゴマスの活動も楽しみにしています。10周年だしね♡ちゅっちゅっちゅ生で見るまで死ねないぞ♡

 

脱線した。

サバンナでのサバイバルを経て少しずつまた変わっていくんだろうなぁと思います。年齢も相まって。変わっていこうとするますださんを無理に引き留めることはできないなって思うし、試行錯誤して変化していくなら素敵なことだなって思います。

だからね、何が言いたいかって言うとね。ますださんへの好きが止まらなくてどうしようと思って、でもどうしようもないからただただ言葉にしてみただけなんですーーー!

 

サバイバル見る前に書いとこ!!と思っただけなんですーー!!

見たら多分またちょっと色々駄々漏れると思うから…ラブと共に性癖が…。ひげ…わきげ…

 

イメージ通りと言われると安心すると言っていたのは雑誌だったかな?変化していこうとするその時その時にますださんのイメージを更新していくからこれからがもっともっと楽しみです。もやもやしたって、燻ったって、好きになってよかったーーー!って気持ちの方がずっと大きい。いつも最新のますださんに担降りしていたいな、って気持ちずーっと変わらないな。

 

今のわたしはそんな感じだって書き留めておきたかっただけ。

支離滅裂な2015年最後の心の中に留めていたラブレターですッ!(笑)

 

 

ひばな。

 

PS.綱引きどこいったとか聞かないでください。

私的夢のセットリスト

こんばんは。先日どうにも時間を持て余しながら四銃士を聴いていました。コンサートでもぐっと惹きつける曲だなぁ…カップリングのSPEAKERはコンサートの後半で聴きたいなぁ…わたしはどうにも新しい曲を聴くとコンサートのどの部分で…を考えたがる性分のようで、この持て余した時間でセットリスト考えてみよう!と新しくプレイリストを作成しました。

完全にわたしのシュミであり、主観であり、独断と偏見と愛でできた妄想です。新しいアルバムが主体になっていくとは思う中でカップリング大好きなわたしらしいセットリストを作ってみました…やってみるだけはタダ!

 

こんな感じです。

()内は演出を妄想しています

 

(客電消灯)(OP映像)

TOP OF THE WORLD(メインステージ。ピンスポットがそれぞれに当たり暗闇を照らす)

四銃士(ダンス。衣装はマントが靡く仕様だと嬉しい)

ANTHEM(マントを脱ぎ捨ててダンス)

4+FAN(それぞれが分かれて移動、途中で挨拶)

シリウス(NYAROでも可。夏曲でぐっとテンションを上げる感じで)

***

(暗転)(センターステージ。ジュニアがセットを準備)

(バーの雰囲気のセットでドラマ仕立ての演出、衣装チェンジ)

Sweet Matini(椅子や机、カウンターなどを使いながら)

【アルバム曲】(しっとりとしたかっこいいアルバム曲、ダンス)

Say Hello(以前のアップデート、かわいめダンス&アレンジ)

(映像)

ソロ

【アルバム曲】(微妙に衣装チェンジ。バックステージ、ダンスナンバーのアルバム曲)

【アルバム曲】(同上。バックステージからメインステージへ途中で移動)

恋のABO(フロートで2人ずつに分かれて移動)

TRAVeliNG(フロート→トロッコ移動)

(センターステージ、ジュニア演出、衣装チェンジ)

ONE(ダンス)

KAGUYA(衣装を一枚脱ぐ、ダンス)

チュムチュム(前半ダンス、後半、メインステージに移動)

 

MC

 

ソロ

ソロ

SUMMER TIME(トロッコで移動、それぞれがあちこち移動した後バックステージへ)

Greedier(ダンス、後半それぞれが4方向に分かれて移動)

君がいた夏+バタフライ(絶妙にアレンジ&ミックス。4か所でせりあがっていく)

Touch(まだ聞いてない)

ソロ

(映像→ジュニア演出)

【アルバム曲】(メインステージでのメイン演出、その時のアルバム次第)

【アルバム曲】

Love Melodeis(アップデート曲。コンサートでやっていないのでダンス、演出でかわいく)

SPEAKER(ラストに向けての盛り上がり。花道やトロッコで大移動)

weeeek(ファンサ、移動)

渚のお姉サマー(ファンサ移動、メインステージへ)

36℃(メインステージで4人並んで)

(挨拶)(36℃のインストゥルメンタルをBGMに)

ヒカリノシズク(最後にこの曲を聴いてください)(最後に落下物。きらきらの星がいいな)

 

<アンコール>

恋祭り(コンT。タオル回す!グッズにも恋祭りを匂わせてタオルあるはず!)

Quntastic(歩いてファンサしながら)

Happy Birthday(センターステージ。わちゃわちゃ)

チャンカパーナ(わちゃわちゃしたテンションで踊りはじめる)

 

<ダブルアンコール>

日はまた昇る(メインステージ。紙ふぶき降ってくる)

【新曲】(あるといいな!!)

 

 

******************

いや、この移動無理だろ。とか、偏ってない!?何曲歌うんだよとか溢れてますが好きな曲やこんな演出見てみたいを詰め込んでみました。言うだけはタダよね。今までツイッターでも何度かコンサートのこんな場面で見てみたい♡みたいな話をしていたのでまとめてみました。

 

よほど暇だったのか曲聴きながら曲と曲の繋ぎも変にならないように並び替えたりとか…わたしの好みですが(笑)

TRAVeliNG辺りから旅に出たり、ちょっと夏要素いれたり。バーのセットはちょっとDAIAMONDコンの「Why」をイメージしていたり…。

 

ベサメと愛マタの情熱的コラボとかアリバイみたいな遊びもいいなぁ…と思いますし、

メイン演出は四神をいつかやってほしいなぁと思うのですが、四神を組み込むとKAGUYAはメイン演出にを加えるべきよね…とか色々考えて外して考えました。だから何って感じですが(笑)

また新しい曲が出たりアルバムが出たりしたらこんなの見たい!も変わるかな~と思いますし、きっともっと4人以前の曲をやるとは思うのですが…ちょっと4人の曲やアルバム、カップリング曲をぐっと入れてみました(ΦωΦ)

 

フォロワさんが夢のセトリ知りたい~とおっしゃってくださったのでまとめてみました。みなさんの夢のセトリも是非教えてくださいませ~♡

ask 過去に嫉妬して苦しいお嬢さんからの質問。

askの文字制限に引っかかったのでこちらで(笑)

 

わたしはますださんのこと、NEWSのことをその時好きになったのは「運命」だと思っています。ふたりが抜けると報道があった2日前に「応援しよう!」って決めまたという不思議なタイミングで…。だから4人になってから…ふたりが抜けてからのけーちゃんを、シゲアキさんを、ますださんを、ゆうやさんを見てきました。事の重大さはわたしにはわからなくて、6人時代、それより前から応援していた方と同じタイミングで報道を見て驚きました。応援しようってファンクラブ入ろうって思った矢先だったのに、って。まほうで初めて本物のますださんを見て(当時はJチケという便利なものがありました(笑))、もっと好きになってやっぱり応援しようと思いました。わたしはとにかくますださんが気になっていたので正直なところぴーさまやりょうちゃん、6人のNEWSにそこまでの思い入れがなかったんですね。だからそのまま4人が載る雑誌を買って動向を気にしたりどうなっていくのかな…って考えたりしていました。ふわっとしていました。

それからカウントダウンコンサートで4人で歌う姿を見てぎゅっとなって、「灰色のカナリア」でますださんのことをまた好きになって。この頃はまだ「ゴリラ!!」とか言ってなくて「まっすーかわいいかわいい♡」の時期です(笑)あ、でも毛には悶えてました。カナリアでは太ももの毛も見えたって聞いて…ハァハァ…!!(脱線)

ホームページのカウントダウンや4人のラジオ、そして迎えたベストアルバム、チャンカパーナの発売…コンサート…わたしにとってはリアルタイムで触れるNEWSの活動でした。脱退の発表からNEWSの活動を待っていた期間はさっきも言いましたがふわっとしていました。その時楽しくてNEWSが可愛くて好きで…それだけでした。

苦しさ、焦り、ずっと待ってたとかそういった気持ちは持っていなかったんですね。

そして参加した美しい恋コン…楽しかったです。きらきらしていて笑う4人が好きでした。泣く4人が愛しかった。
でもわたしの中にはずーーーっと燻っていた部分もあってそれはコンプレックスとして根付いています。ずっと応援していたファン、支え続けてくれたファンに対する「ありがとう」がいっぱい詰まったコンサートでメンバーが何度も何度も「待っててくれてありがとう」「ファンのために」って伝える姿を見る度苦しかったです。それはわたしが6人時代の事を知らず、ただ4人を好きになったからで、ずっと応援して待っていなかったわたしはここにいてもいいんだろうか…って疎外感が残ってずっともやもやしていました。

当たり前なんです、あの時のコンサートは。だってずっと待っててくれたファンに愛を伝えるコンサートだったんだから。ずっと応援して支えていたファンに感謝するのは勿論です。だって今までを支えていたファンがいたからこそ復活できた。本当に何にもおかしなところはないはずなんです。でもそこに飛び込んだわたしにとっては最近好きになったわたしたちはNEWSのファンとして必要ないのかな…ってコンプレックスを感じていた時期。これを溶かしてくれたのが会報でのますださんの『1年であってももっと短い期間であっても僕らを好きになって応援してくれているすべての人に「ありがとう」を届けたい』って言葉で…あ、この話もう何回もしてるからいいです??雑誌でのゆうやさんが「今のNEWSが好き」ってだけでいいって言っていてその言葉にも救われた。

あの頃を知っていれば、あのコンサートに入っていれば…思った事は何度もあります。これは嵐に対してもそう。
でも、NEWSは少し止まった時期があって「待っててくれたファンにありがとう」の気持ちが強く見えたからより強く感じました。でも過去に戻ることはできなくて。でもあの頃を知っていたら?あのコンサートに入っていたら?本当に好きになっていたかな?自分の生活とか、悩みとか、自分の内面のどこかに触れたから好きになったんじゃないかな?あの時じゃなきゃダメだったんじゃないかな?ってそう思うようになりました。

ここまでが運命の話(長いわ)

6人時代の記念日はきっと当時から好きだった人には大事な日であの頃思い出すキッカケなんだと思います。シゲアキさんの10000字インタビューに「あえて引きずってる」とありましたが、同じ人もいるんじゃないかな。6人が好きだった頃を忘れたくないから、思い出をそっと取り出す機会なんだと。そうでないと思い出も頭の中で捨てられてしまいますからね。年を取るにつれて思い出の数は増えます。でも、その分忘れていくものもたくさんあります。あえて引きずる機会になってるんじゃないのかな。きっと大事な時間だったはずだから。思い出すことで今の気持ちを確認したり、更新したりしてるんじゃないかな?

 

わたしも舞台「ストレンジ・フルーツ」を酷く引きずっている人間でピクニックの日になる度思い出して、ぐずぐずするめんどくさいヲタクです。舞台自体は随分前に終わったもの、でも大好きだから忘れたくなくてキッカケを見つけては掘り返すんです(笑)でもそれだって例えばNEWSコンで好きになったひとやONEからファンになったひとにとっては知らないことなんですよね。知らない事を蒸し返してまた何か言ってる…ってわたしも思われていると思いますが大事な思い出で何かにつけて思い出したいものなんです。だから6人時代の事を思い出す気持ちもそういうものかな…って考えています。わたしもフォロワさんにも6人からのファンやもっと前からのファンはたくさんいて、何かのキッカケで思い出してお話しているのを見かけます。勿論知らないことに対してのコンプレックスや知っていることに対してのやきもちだって時にはありますが、べつにその時期ファンじゃないから知る必要のないこととは思わないかな。(やっと回答すんのかい)(遅いよ)

6人時代からのファンのお友達に前述の新規コンプレックスの話をすると「あの苦しい時期を味わいたかったの?」と言われたことがありました。昔からのファンのひとはその分メンバーと一緒に感情が不安定になったり心配したり…そんな感情も持っているんだと思います。でもそれは好きだからで、好きじゃないとそうはならないですよね、きっと。

けーちゃんに、シゲアキさんに、ますださんに、ゆうやさんに…4人にはデビュー当時からNEWSでの経験がたくさんあって、ゆうやさんとますださんにはテゴマスでの経験もあって…それを抱えて今に至っている、過去が彼らを作っている…そう思うと過去を掘り返して知りたい!!とは思わないけど過去の作品や番組、話に触れてみるのもいいかなぁ…と思ってます。わたしはね。自分の知らないものを知っている人に対しての嫉妬と言うのは少なからずあるものだけど、その軸の中に彼らがいたという事実もあるのだし。

6人の頃、それ以前をほとんど知らないわたしですが、4人とも変わったと思います、今は。キャラだって、立ち位置だって、喋り方だって、女子力だって。そして仕事の内容も。それは経験の中で培ったものから作られたんだって思うから過去の経験も大事にしていきたいなぁ…とわたしは思うかな。勿論知らなかった事実に動揺することもありますが。

 

ファンになった時期によって、人それぞれ思いは違うと思います。質問者さんより後にファンになった方は質問者さんの見てきたNEWSを羨むかもしれないし、この頃好きになっていれば…って思うかもしれません。テッペンをとる未来から見たらもっともっとたくさんのひとが今現在のNEWSを見ることが出来ているわたしたちに嫉妬するかも。

わたし、以前ベッキーの本を買いまして。その中から引用するこの言葉はひばな頻出用語なのですが、今回も。

「あれはあれで必要な過去」

過去に嫌なことがあったとしてもそれはそれで必要な過去であの過去が今を作ってる…そう思うと、今の4人のルーツだと思うと少し優しくなれます。でも、過去は好きになる価値も無いものと思わなければ苦しい…ということはそれだけNEWSのこと大好きなんだと思います♡それぞれに「好き」の形があって「好き」には「苦しい」がついてくることがよくあります。好きだから苦しいんですよね。彼氏の元カノのこと聞くのしんどい感じですよね。そう思うとすごいしんどいな!!軽はずみなこといってすいません。

 

でもゆうやさんが「今のNEWSが好き」だけでいいって言っていたので今のNEWSが大好きです。大好きを更新してます。今のNEWS、きらきらで素敵ですよね♡♡♡だいすきですよね♡♡♡今のNEWS、これからのNEWSいっぱい応援していきましょうね!思い出いっぱい作って記念日の度に思い出しましょう♡好きの再確認と更新です。

 

長くなりましたがこんな感じであれこれ書かせていただきました。余談いっぱいですみません~~><ご質問ありがとうございました!

askまとめ【妄想してみましょう】編

芸能人でご近所さん、友達、兄弟、彼氏、夫、不倫相手にするならそれぞれ誰ですか!

NEWS4人それぞれと一日二人きりで過ごせるとしたら、何をしますか?

もしもあなたが映画の台本を書くとしたら- どんなものを書きたいですか?

方言って出ちゃうほうですか?NEWSのメンバーに言ってもらいたい方言はありますか?

テゴマスの青春はなんの動物が出てくると思いますか?

 

にゅーす×四神がお好きだそうですが、青龍、白虎、朱雀、玄武のうち誰がどのイメージでしょうか。テレビ誌?で方角からにゅーすに割り当てていましたが、ひばなさんのイメージされているものとおなじでしたでしょうか。

自担にひとつだけ質問が許されるなら何を聞きたいですか?(どんなに秘密のことでもあなたにだけは答えてくれることとします)